花と緑と雑貨と。帰りたくなる部屋づくり

帰りたくなる部屋

花や緑のお世話をするのも、明日からの元気を取り戻すための大切な時間。水遣りや葉水は定期的に行っているそうです。


ドアフック2個セット
ドアフック2個セット
(上)観葉植物の鉢にちょこんと座っているひよこが可愛らしい。
(下)玄関横の小窓にもガーベラが飾られています。
「インテリアのテーマは?」と聞くと、「帰りたくなる部屋」という答え。そのポイントとなるのが、部屋のあちこちにある花や観葉植物です。もちろん、これはこの日の取材のためだけに用意されたものではなく、いつも飾られているもの。こういった植物が部屋の中にないと、息苦しくて落ち着かなくなるそうです。

長持ちしやすい花や枯れにくい観葉植物を揃えているとのことですが、きちんとお世話を続けるのは案外難しいもの。こういったところからも、りえさんのていねいな暮らしぶりがうかがえます。



キッチンのカップ

花と緑と雑貨で楽しく賑やかな雰囲気に。お気に入りのものに囲まれた暮らしは、毎日をハッピーな気持ちで過ごせそうです。


また、布やカゴ、雑貨も大好き。棚の上に並べられた雑貨は、思わず笑顔がこぼれてしまうような可愛らしいものばかりです。ずいぶんとたくさん数がありますが、ごちゃごちゃしないのは、テイストがきちんと揃っているから。ちなみに、お気に入りのインテリアショップは『MOMO natural』だとか。家具や雑貨などシンプルで温かなぬくもりのあるデザインが、一人暮らしにも人気のあるお店です。


次のページでは、毎週のようにホームパーティを開いているというりえさんのおもてなし術や、一人暮らしの楽しみ方を聞きました。>>次のページへ