一人暮らしにおすすめの防犯グッズ

防犯・防災グッズ販売店まめたん(2017年現在閉店)店長 有富かおるさんに、一人暮らしにおすすめの防犯グッズをご紹介いただきました。

■窓用の補助錠
窓用の補助錠として大切なのは、窓の上部に装着するタイプの補助錠を選ぶこと。空き巣などは、自分の頭上での作業を嫌う傾向にあります。

特殊粘着剤での設置ですので賃貸住宅でもOK。また、室外から補助錠が窓の上部に設置してあることが見えるため、視覚的な事前抑制効果もあります。操作も指一本で簡単です。掃きだし窓に向いているので、賃貸住宅のベランダにつながる窓におすすめです。

ドア側(共有スペースの廊下側)などにある人の出入りのない窓には、簡易タイプを設置しておくことで防犯効果を高める事ができます。

対策としておすすめなのが、補助錠+アラームでのW対策です。窓ガラスが開くとアラームが鳴り出すマグネットタイプの窓用アラームを併用すると良いでしょう。

■ドア用アラーム
一人暮らしの女性の場合は、ストーカーにより合鍵を作られたりする犯罪(ストーカーだけでなく、前住居者や、リフォーム会社、場合によっては管理会社等が合鍵により侵入するという犯罪も存在します)も防げるものがおすすめです。

■人体感知ライト
人体感知ライトは、設置方法と電源供給の部分で賃貸には不向きだったのですが、乾電池で使えて配線不要、両面テープやマグネットで設置できるものが増えています。

次のページでは、泥棒は留守にしているときだけに来るわけではありません。万が一のときの対処法も。>>次のページへ