はまぐりは幸せな結婚を願う縁起物

蛤のお吸い物

はまぐり(蛤)は、他の貝とは絶対に合わさらないことから、女性の貞節を表すとか。ひな祭りに蛤を食べるのは、幸せな結婚生活を願うということからきた縁起物だそうです。

はまぐりに砂だしをさせるのに時間がかかりますが、調理は簡単。貝のおだしがたっぷりと出たお吸い物は心からほっと温まる味。最近は砂だし済みのものも売られていますので、できればそちらを選んで買ってください。

材料(二人分)

・ はまぐり 6個
・ 水 2カップ
・ だし昆布 10センチ(時間がなければ、昆布だしの素を利用しても可)
・ 酒大さじ1
・ 塩小さじ1/2
・ しょう油少々
・ 三つ葉少々


はまぐりのお吸い物の作り方

1. はまぐりの砂だしが必要な場合は、塩分3%程度の水に3時間以上つけておいてください(水1リットルに対し、塩30g程度・分量外)。砂だしが終わったら、貝同士をこすりあわせて、よく洗います。

2. 水にだし昆布と蛤を入れて、火にかけ、沸騰したら、昆布を取り出します。

3. 酒を加え、アクを丁寧に取ります。煮立たせると身が固くなるので、火は弱めに。

4. 塩としょう油を加え、味を調えます。器に盛り付け、三つ葉を飾ります。

ひな祭りには、はまぐりを

ひな祭りが近くなると、スーパーにも蛤がたくさん並びます。他の貝類よりもちょっとお値段が高いですが、こういうお祝いの日くらいは奮発を。蛤のおだしは、普通のお吸い物とは一味違う美味しさです。お吸い物だけでは食べきれなかったときは、関連サイトを参考にしてください。蛤を美味しく食べるレシピを紹介しています。

また、ガイド記事「桃の節句・ひな祭りの料理を作ってみよう」では、ひな祭りの由来やその他の料理をお届けしています。

== 関連サイト ==
All About[おかずレシピ]洋風焼きはまぐり
にんにくとバターの香りが食欲をそそる焼き蛤。ホームパーティのオードブルなどにもおすすめです。
All About[おかずレシピ]はまぐりと青菜の中華風炒め
シンプルな味付けで、はまぐりのうまみを味わいます。紹興酒のおつまみにもぴったりです。
All About[スタイリッシュレシピ]真鯛のムニエルハマグリとグリーンティのソース
魚と蛤を使った、春らしい、とってもオシャレな一品です。女の子同士のパーティに、恋人を招いたディナーに。
All About お吸い物だけじゃない! はまぐりのおすすめレシピ8選
 
他にもある、いろんなはまぐりレシピをまとめています。





■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。