食事マナー
「おじゃまします」ドアを閉めたら立ったままで、簡単に笑顔でごあいさつ。正式には部屋に通されてからします
彼宅にお呼ばれされたら、前もって、マナーを予習をしてくことを忘れないように。彼のお母さんはしっかりとあなたのことをチェックしています。品格UPでマナー美人にアピールしましょう。

<index>
・玄関先・部屋に通されたら
お食事タイム
デザートタイム

玄関先で


ベルを一度鳴らす。返事がなくてもあわてないで、少し間をあけてから2、3回鳴らしてみます。間違ってもベルを立て続けに鳴らしたり、窓や勝手口を覗かないようにしましょう。

コートや、手袋、帽子は玄関に入る前にとっておきましょう。当然「お上がりください」と言われてから上がります。玄関のドアは、横向きで静かに閉め、相手の方を向き、軽く一礼をして、静かに上がります。

※正式には客間に通されてから挨拶しますので、玄関先では簡単に「おじゃまいたします」だけでOK。

■ここを押さえる一押しマナー
靴を脱いだら、きちんとつま先を玄関に向けてそろえるのは誰でも知っています。しかし気をつけないと、相手にお尻を向けることになってしまいます。正しくは、「正面を向き靴を脱ぐ→斜めの体勢で膝を折る→手で靴の向きを変える→ささっと隅に寄せる」を覚えておきましょう。

部屋に通されたら


ここでおさらいをしておきましょう→入り口から遠い方が上座。入り口に近いほうが下座。押さえておきましょう!

イスの下座側に立ち、指先をそろえて膝の上につけて、頭と背筋をピーンと伸ばし、腰から折り、ゆっくりと深くお辞儀をします。手みやげはここで、立ったまま渡します。「どうぞおかけください」と言われてからソファなどの下座に座ります。深く座らないで、重心を少し前にかけ姿勢をまっすぐに。

※生鮮食品、アイスクリームなど、冷蔵庫へいれた方がよいものや生花などの場合は、先に玄関先で渡して下さい。

■ここを押さえる一押しマナー
バッグはどこに置いていますか?テーブルの上はNGですよ。ソファの上か膝の上に置いて下さいね。大きなバッグなら足元に。