デザートタイム


食事マナー
食後で食べきれない時は、はじめに量を減らしてもらいましょう
食事の次はデザートタイム。食べ方ひとつであなたの印象を左右します。

■日本茶の飲み方(ふたつき湯飲みの場合)
左手を茶碗に添え、右手の親指と人差し指で蓋のつまみを持つ→ゆっくりとふたを持ち上げる→左手を添えてあお向けにして、右側に蓋を置く→左手を茶碗に添えて、音を立てないで飲む→のみ終わったら蓋をする

※蓋のしずくがテーブルにこぼれないように気をつけましょう。

■和菓子をいただく
左から和菓子を一口ずつ切る→口もとに運ぶ時は菓子皿を持つか、左手で受けていただく

※姿勢が悪くなるので、顔をお菓子に近づけないように気をつけましょう。

■カップの飲み方
小指を立てないように気をつけて、人差し指をとおして持つ→砂糖を入れる時はスプーンで沈めるように、砂糖をかき混ぜる→スプーンはカップの向こう側に柄を右側にして置く

■ケーキをいただく
セロファンがあるときは、端をフォークの間に挟んで、からめてから中に巻き込んで取り、ケーキの向こう側へ置きます。ケーキをお皿の真ん中より向こう側に少し倒すと食べやすいでしょう。食べ終わるとケーキを包んであった紙などでフォークを包んでおくのを忘れないで下さい。


いかがでしたでしょうか?あなたの何気ないしぐさに、彼のお母さんはしっかりとチェックを入れているはず。マナー美人を心がけて、あなたの印象をぐぐっと上げましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。