暑中見舞いの例文・文例を参考に、ハガキや手紙でご挨拶を

夏本番、暑中見舞いを送ってみませんか

夏本番、暑中見舞いを送ってみませんか

梅雨が明けるといよいよ夏本番です。そして恒例の暑中見舞いを送る季節を迎えます。夏の盛りに相手の安否を気づかい自分の様子を知らせる暑中見舞いは、7月20日前後の「梅雨明け」から「立秋(8月7日)の前日」までに送るのが一般的。

パソコンや携帯電話でメールのごあいさつをするのは簡単ですが、今だからこそ、ハガキや手紙にこだわりたいものです。今回のキーワードは、「メールでなくはがき」「メッセージでなく手紙」でお伝えしたいと思います。例文・文例もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。
 

暑中見舞いのいわれ

パソコンソフトを利用してはがきを作成される方は、手書きの部分をぜひ残してくださいね。人間味が感じられ、相手への印象も良くなりますよ

パソコンソフトを利用してはがきを作成される方は、手書きの部分をぜひ残してくださいね。人間味が感じられ、相手への印象も良くなりますよ

暑中見舞いは、お盆に親元や仲人などを訪問し、贈り物をする風習が簡略化したもので、夏の盛りに相手の安否を気づかい自分の様子を知らせる便り。相手先を訪問するかわりに見舞い状を出すようになったのです。贈答の風習としては、今もお中元として受け継がれていますよね。
 

暑中見舞いでしっかりアピール!

暑中見舞いを出す人はそう多くはないので、じっくり読んでもらえる可能性が

暑中見舞いを出す人はそう多くはないので、じっくり読んでもらえる可能性が

年賀状に比べると暑中見舞いを出す人はそう多くはないので、大勢の中に埋もれてしまいがちな年賀状よりもじっくりと読んでもらえそうです。自分をアピールするのにも絶好のチャンスだと思いますよ。

またご無沙汰している方や疎遠になっている人へ、思いきって便りを出してみませんか? 思いがけない人からの便りって意外と嬉しいものです。これをきっかけに友情復活となるかもしれませんよ。

■形式にこだわらなくていいんです!
冒頭は「暑中お見舞い申し上げます」「暑中お伺い申し上げます」と季節のごあいさつの言葉を書き出しにすれば、後は形式にこだわらず、相手の安否を尋ね、そして自分の近況を知らせるだけ。プライベートな色合いを出してもOK。また引越し、転勤、結婚、出産などお知らせを兼ねて送ることもできます。

それでは、暑中見舞いの文例・例文を紹介しましょう。