喪中期間の新年の迎え方って?

新年を迎えるにあたって、どう過ごす?

新年を迎えるにあたって、どう過ごす?

身内が亡くなった場合、「喪に服する」と言います。一定期間、死を悼(いた)み、そして身を慎みます。「忌服(きぶく)」「忌服(ふくも)」とも言います。

では新年を迎えるにあたって、どう過ごしたらよいのでしょうか? 宗派や地域によっても異なってきますが、ここではごく一般的なことをお話しします。

年賀欠礼のごあいさつ

喪中には年賀状は出しません。とうぜん年賀欠礼状を出されていると思います。どこまでが範囲かは、それぞれ立場上変わってきますのでご注意を。

年末に不幸があって、年賀欠礼が間に合わなかったり、毎年きちんと季節の挨拶をされたい方は、1月7日の松の内が過ぎてから、寒中見舞いとして出されるとよいでしょう。文面も「○○の事情で年賀欠礼させていただきました。」と言葉を添えて下さいね。

※ちなみに浄土真宗では、死を穢(けが)れとみなす忌服の習慣を否定します。このことから気にせずに年賀状を出すと言う考えの方も中にはいらっしゃいます。

年賀欠礼状で困ったらこちらから
ここですべてが解決!年賀欠礼状

新年の過ごし方

一般的に正月飾り(鏡餅、門松、しめ縄など)やおせち料理はしません。お屠蘇でのお祝いもやりません。普段どおりに過ごします。世間ではおめでたいお祝いムードですので、いっそう我が家では寂しくなりますが、故人の冥福をお祈りすることが大事なことです。

「あけまして、おめでとう!」新年のごあいさつはもちろんNG! つい言ってしまいそうですが、気をつけて下さい。神社や仏閣への初詣も控えた方がよいでしょう。

しかしガイドなら「新しい年よ。こんにちは! おめでとう」なんて、こっそりつぶやいてしまいそうです。気落ちしているからこそ、気分を高めて、自分自信に勇気づけたい!と思うのです。みなさんはいかがでしょうか?

お正月の墓参り

喪中の初詣は慎んでも、かわりにお墓へのお参りをオススメします。新年の墓参りはいつもにもまして大切なこと。冬場の墓地や墓石の周囲には、枯れ葉や枯れ草で汚れているかもしれません。

故人が気持ちよく新年を迎えられるように、お墓の掃除は暮れのうちにすませておきたいものです。お参りの仕方はいつもと同じように。松を飾ることはNGですので気をつけて下さい。

普段は忙しくてなかなか行けないお墓に家族そろってお参りをしてもらうために→大切な日本の行事です!お墓参りのポイント


喪中期間にしてはいけないことは? Q&A形式でお答えします
次のページです。>>>