「寸志」「粗品」はどのような時に使う

寸志は、「わずかですが」「こころばかり」などの意味があります。目下の人に手伝いを頼んだ時などに感謝やねぎらいの気持ちをこめて渡す金品に用います。基本的には目上の方には使用しません。目上の方の場合は「御礼」とします。


粗品は、「粗末なもの」という謙遜、またはへりくだる時の気持ちで用いるものですので、お礼やあいさつがわりの品物などに使用します。また、季節のおりおりのご挨拶には「御挨拶」「松の葉」などを用います。

表書きの例

<目上の人への贈答>
表書き「拝呈」「謹呈」「謝礼」「謹謝」

<一般の贈答>

表書き
「御挨拶」…ご無沙汰した人へのお伺い
「松の葉」…ちょっとしたお礼に
「お礼 」…冠婚葬祭全般。
「御祝儀」…お世話になった人へ
「お土産」…地方の名産物などを持参する場合
「粗品 」…挨拶、御礼がわりの品に、高価な品には使用しない
「寸志 」…軽少な御礼、心づけに。目上には使用しない。

<関連記事・コラム>
引越しに関するマナー
開店、開業のお祝い
展覧会・発表会に招待された
お中元を贈ろう! part1
お歳暮を贈ろう!
暑中見舞い
寒中見舞い
[ギフト]All About

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。