羽は切りたくないですか?

野生動物や野性味の強い動物を飼う場合、彼らの本能が目覚めないように注意しながら飼う必要があります。野生動物の本能は、野生下での行動を思い起こさせる行動によって目覚めることがあるようです。

鳥の場合、室内であっても「飛ぶ」という行動が本能を目覚めさせるきっかけになることが多いようですので、「ケージの中ばかりじゃ可哀想」と思ってもケージから出す時間を制限したり、飛べないように羽を切ったりすることで、いつまでも従順なペットとして飼いやすくなります。

鳥の飼い主さんには羽を切ることに抵抗のある方が少なくないと聞きますが、羽を切ることは悪いことではありません。羽を切ることで行動を制限することができますし、以外と多い室内での飛行事故(窓ガラスに激突してしまうなど)を防ぐこともできます。

飛べないことがストレスになると考える飼い主さんもいるようですが、同じ種類の鳥を2羽、同じ環境で片方は羽を切り、もう片方は羽を切らずに飼った場合、健康状態や寿命に差はないそうです。鳥が飛べないことで受けるストレスはかなり少ないと考えられますので、羽を切ることで与えるストレスはさほど心配する必要はないと思います。

鳥の羽は、一度切ってもまた生えてきます。ですので、一定期間羽を切って行動を制限し、飼い主との関係を強くしたのち、羽を切らないようにしてもいいと思います。ただし、自由に飛べるようになったことで我が強くなるようでしたら、再び羽を切って飼い主との関係を強くした方がいいでしょう。