TOPトカゲオオトカゲの仲間>ストーリーモニター
ストーリーモニター
撮影協力:Endless Zone

ストーリーモニター

学 名Varanus storrii 別 名:イワヒメオオトカゲ英 名:Storr's Monitor
分 布:オーストラリア中央部から北西部(クイーンズランド州、ノーザンテリトリー、西オーストラリア州)全長:最大35cm前後 頭胴長13cm前後

オーストラリアの小型のオオトカゲです。

分布の仕方に特徴があり、今後さらに細分化される可能性を持っていますが、現在は東側つまりクイーンズランド州の個体群が基亜種Varanus storrii storrii 、西側つまり西オーストラリア州キンバレー地方の個体群がV. s. ocreatus という亜種とされています。しかし、この2つの個体群の間にはアケボノヒメオオトカゲV. primordius という別種の分布域によって大きく分断され、さらにクイーンズランド州にもV. s. ocreatus と思われる個体群が見られるなど、かなり不自然な分布をしています。一般に基亜種に比べてprimordius 亜種は、赤みがかっていて背中の斑紋が細かいという特徴があるようですが、最大の特徴は尾がやや長いことであるようです。国内には、主に基亜種のEUやUSAのCBが流通しているようです。

主にやや乾燥した岩場に生息して、岩の割れ目などを巣として利用しています。昆虫類や小型のヤモリをエサとしていて、晩春に4-6個の卵を産みます。卵は4ヶ月ほどで孵化に至るようです。

ドワーフモニターは「ただのトカゲみたい」などといわれることが多く、線が細い印象の種が多いのですが、本種は小型でありながらも体型が太短い印象があって、モニターらしい体型をしています。そのため人気が高いのですが、何よりもオーストラリアの生き物ですから流通量も少なく、非常に高価です。

それでも私の周囲で繁殖させている方もいたりして、少しでもこれから目にする機会が増えるといいなぁ、と思っています。何にしても魅力的なモニターです。

CITES(ワシントン条約)の付属書II類掲載種

赤っ恥をかかない程度の知識
  • オーストラリアのドワーフモニター
  • 2亜種に分けられている
  • 飼育は比較的容易
  • 流通量が少ないため高価
飼育の基本情報
飼育容器60cm以上の爬虫類専用ケースなど
温度基本は26℃程度。ホットスポット下は50℃前後で設置。容器下にフィルムヒーターを敷く。ケージ内に温度勾配を作ること
照明爬虫類用の紫外線灯やバスキングランプが必須。できれば直射日光で日光浴をさせる
床材目の細かい砂やバークチップなど、湿度を保たない素材
容器内レイアウト岩などを崩れないように配する。水容器は全身が入る大きさのものを設置
コオロギを中心にピンクマウスを少量。栄養添加剤は必須
基本的な世話オオトカゲ類の飼育に準ずる
  • 定期的に霧吹きをする
  • 巣箱の中にタッパーに入れたミズゴケなどを入れると中が適度に保湿されていい
  • 飼育容器内は多湿にしない
※「飼育の基本情報」は「爬虫・両生類ビジュアルガイド オオトカゲ&ドクトカゲ(誠文堂新光社)」および海外サイトを参考にしました。


<関連記事>
2008オーストラリア旅行記from All About

<おすすめINDEX>
その他のトカゲのコミュニティサイトfrom All About
その他のトカゲfrom All About
Terra Herps.では図鑑作りへのあなたの参加を待っています!
  • 自分の持っているストーリーモニターに関する情報を書きたい!
  • 星野の情報はココが間違っている!
  • みなさんが提供した情報や意見を読みたい!
そんなあなたはココをクリック!



■映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題!


[初回初月無料おためし]映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス。簡単登録でいますぐお楽しみいただけます!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。