TOP有尾類>ホクオウクシイモリ
ホクオウクシイモリ
撮影協力:ペポニ

ホクオウクシイモリ

学 名Triturus cristatus別 名:キタクシイモリ英 名:Great Crested Newt分 布:イギリスとフランス北部からスカンジナビア半島南部とアルプス山脈の北側に挟まれたヨーロッパの北西部からロシア西部全 長:15-18cm

繁殖期のオスが見せる劇的な形態の変化が人気のクシイモリの仲間の一種です。

ノルウェーなどスカンジナビア半島にまで分布していて、もっとも北方に分布している両生類とも言えます。

腹部はオレンジ色をしていて美しいのですが、通常のオスやメスの背面は灰褐色地に不明瞭な黒色の斑紋が入る地味な体色ですが、繁殖期になるとオスの頭部の後方から尾にかけて背中線に大きなヒレ状のクレストが発達します。このクレストは尾の付け根で一度途切れますが、よく似ているミナミクシイモリはくびれる程度であることで見分けられるようです。その他にも本種の方がミナミクシイモリよりも体色が暗いことや本種の方が体表のイボ状の突起が多いことなどで見分けることができるようです。

生息環境や生態はクシイモリを含むヨーロッパイモリ属とほぼ同様ですので、ミナミクシイモリの項を参照して下さい。ただしミナミクシイモリは同属多種と比較して成体の乾燥に対する耐性が高いようですので、本種はより湿度が高い環境を好むようです。

10月から翌年の2月程度まで冬眠を行い、目覚めた後に繁殖行動に移ります。メスは15-200(最大600)個程度の大きめの卵を、一つずつ水草の葉などに生み付けていきます。卵は10日から3週間ほどで孵化しますが、孵化率は通常最大で50%ほどであるようです。孵化後2.5-3ヶ月ほどで変態して陸上生活に移行します。

イギリス国内では最大の有尾類ですが、環境の悪化等により生息数が激減していると言われていて、保護の対象になっています。

かつてはヨーロッパのイモリとしてもっとも普通に国内で流通していたようですが、近年はミナミクシイモリに取って代わられたようで、あまり輸入されなくなってしまったようです。

ミナミクシイモリの時以上に、オスのクレストが発達した姿の写真が手に入りませんでした。スミマセン。ミナミクシイモリの項にある写真で想像してください。

赤っ恥をかかない程度の知識
  • ヨーロッパの北部に広く分布する
  • キタクシイモリとも呼ばれるが、以前は単にクシイモリという名前で流通していた
  • 繁殖期のオスの背中に大きなクレストが発達する
  • 水中での飼育も可能

飼育の基本情報
飼育容器通常は30から45cm程度のガラス水槽やプラケースでいいが、必ずしっかりとフタができるものを使う
温度25℃を超えないようにする
照明特に必要なし
床材焼き赤玉土・水苔・ヤシガラ土・腐葉土など湿度を維持できる素材
容器内レイアウト体を浸せる水容器とシェルターを設置する。陸地は乾き気味でよい
コオロギ・ミールワーム・ハニーワームなどの昆虫。週に2-3回、1回に頭と同じサイズの餌を1-2個与えるくらい
基本的な世話いわゆる有尾類の飼育方法
  • 水中飼育を行う場合は、水草などつかむことができるものを多めに設置する
  • 皮膚病に注意
  • 餌の食わせすぎに注意する
  • 餌はピンセットで与える
  • 10cm程度の個体は上陸直後の個体であるから広い水場を用意して多湿環境で飼育する
  • など
※「飼育の基本情報」は「ビジュアルガイド イモリ・サンショウウオの仲間(誠文堂新光社)」および海外サイトを参考にしました。


<関連記事>
有尾類の魅力from All About

<おすすめINDEX>
有尾類のコミュニティサイトfrom All About
有尾類from All About

Terra Herps.では図鑑作りへのあなたの参加を待っています!
  • 自分の持っているホクオウクシイモリに関する情報を書きたい!
  • 星野の情報はココが間違っている!
  • みなさんが提供した情報や意見を読みたい!
そんなあなたはココをクリック!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。