TOPワニ>シャムワニ
シャムワニ

シャムワニ

学 名Crocodylus siamensis別 名:-英 名:Siamese crocodile,Siamese freshwater crocodile,Singapore small-grain分 布:東南アジア(ベトナム、ラオス、カンボジア、インドネシア、ミャンマー、タイ、マレーシア、ブルネイ)全 長:3m 最大4m

東南アジアの淡水域に生息する代表的なワニです。

形態的な特徴は特にありませんが、よく似たイリエワニとは後頭部の大型鱗で見分けられます。即ち、イリエワニには後頭部に大型の鱗が見られなく小さな鱗が一様に並んでいますが、本種は大型の鱗が4つあってゴツゴツした感じに見えます。

生息環境は沼地などですが、大きな川や湖にも生息しています。

性成熟には10年ほどかかり、7.5~8×5cmほどの卵を20-50個ほど産みます。他のワニと同様にメス親が卵を守り、孵化時に掘り出して水中に子ワニを運ぶ行動が知られています。卵は80日ほどで孵化します。

皮革の採取の目的で大量に捕獲されてしまったために、現在は5,000頭ほどに野生個体が減少し、CITES I になってしまいました。インドネシアでは捕獲が禁止され、タイでも狩猟禁止区域が設定されています。また皮革のための養殖が盛んに行われており、イリエワニとの交雑個体が使われている場合が多いようです。写真の個体も観光施設で撮影した個体ですので、もしかするとイリエワニとの交雑個体かもしれません。どちらにしても、ちょっと太りすぎですけどね...

動物愛護法による「特定(危険)動物」に指定されており、飼育に際しては都道府県知事の許可が必要です。

CITES(ワシントン条約)の付属書I類掲載種

飼育の基本情報
安易な飼育は勧められないので飼育情報は掲載しません
※基本的な情報は「爬虫類・両生類800種図鑑(ピーシーズ)」および海外サイトを参考にしました。

<関連記事>
危険動物の飼育許可・前編
危険動物の飼育許可・後編

<関連サイト>

熱川バナナワニ園


Terra Herps.では図鑑作りへのあなたの参加を待っています!
  • 自分の持っているシャムワニに関する情報を書きたい!
  • 星野の情報はココが間違っている!
  • みなさんが提供した情報や意見を読みたい!
そんなあなたはココをクリック!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。