TOPトカゲオオトカゲの仲間>トリカラーモニター
トリカラーモニター
写真提供:aLive

トリカラーモニター

学 名Varanus yuwonoi別 名:セグロオオトカゲ英 名:Tricolored Monitor,Rainbow Monitor分 布:インドネシア(モルッカ諸島のハルマヘラ島の東部)全長:110cm程度

ターコイズモニター同様に1998年と非常に最近に新種記載されたモニターです。英名が示すように、成体は非常に複雑な色彩をしています。基本的には尾部の先端から青、付け根から胴体後半にかけてがオレンジ混じりの黄色、胴体の前半が黒、頭部背面は黒ですが下あごから喉部が黄色、前肢は付け根から手の甲は黒ですが指は青、後肢は付け根から指に向かって黄色から青に変化していき、体全体に細かい黒のスポットが散在しています。トリカラーよりもレインボーの方が本種の特徴を表しています。

自然下での生態等はほとんどデータがなく、よくわかっていませんが、おそらくターコイズモニターと同様の生態と思われます。

現地での生息環境の破壊によって、非常に個体数も減少していると思われ、流通は非常にまれです。飼育下でも神経質で飼育しにくいということですので、安易な飼育は避けて、できる限りCB化を目標にするのが最優先と言える種類です。しかし本当にスゴイ。日本はこんなのも流通するのですから。幸せですよね。我々は。

CITES(ワシントン条約)の付属書II類掲載種

飼育の基本情報
飼育容器底面積150cm×80cmクラス以上の飼育施設が必要。立体活動も行うので高さも十分に。さらに通気性も重要。
温度基本は26℃程度。ホットスポット下は50℃前後で設置。容器下にフィルムヒーターを敷く。ケージ内に温度勾配を作ること。
照明爬虫類用の紫外線灯やバスキングランプが必須。できれば直射日光で日光浴をさせる。
床材ヤシガラ土など、多少湿度を保持できる素材を厚めに敷く。
容器内レイアウト止まり木になるような太めの枝を一本だけ斜めに立てかける。水にはあまり入らないので、水容器は小さめでよい。
コオロギを中心にウズラ、マウスなどを少量。栄養添加剤は必須。
基本的な世話オオトカゲ類の飼育に準ずる
  • 多湿を好むので、定期的に霧吹きをする。
※「飼育の基本情報」は「大蜥蜴世界(マリン企画)」「爬虫・両生類ビジュアルガイド オオトカゲ&ドクトカゲ(誠文堂新光社)」および海外サイトを参考にしました。


<おすすめINDEX>
その他のトカゲのコミュニティサイトfrom All About
その他のトカゲfrom All About
Terra Herps.では図鑑作りへのあなたの参加を待っています!
  • 自分の持っているトリカラーモニターに関する情報を書きたい!
  • 星野の情報はココが間違っている!
  • みなさんが提供した情報や意見を読みたい!
そんなあなたはココをクリック!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。