タカサゴナメラの基本情報

タカサゴナメラの基本情報と飼育方法

タカサゴナメラの基本情報と飼育方法

タカサゴナメラ
学 名Elaphe mandarina※2002年から新しい学名としてEuprepiophis mandarina も使われている別 名:マンダリーナ、マンダリーナラットスネーク英 名:Mandarin Rat Snakes, Jade Snake
分 布:中国、台湾、ベトナム北部、ミャンマー北部、インド北東部全 長:100-120cm 最大160cm

美しい体色で、おとなしいため世界中で人気のあるアジア産エラフェです。

薄紅色の地色に黄色い斑紋があり規則正しく黒い帯状の斑紋があります。成体になってもこの美しさはそれほど褪せません。

主に山地の開けた森林などに生息しており、倒木の下などで生活しています。朝の早い時間と夕方のいわゆる薄明薄暮の時間帯に活動をして、齧歯類の子どもを狙って巣穴などに入り込みます。

2-4ヶ月間の冬眠の後、春に3-12個の卵を産みます。

本当に美しいヘビで、誰だってヘビ好きなら一度は飼育してみたいと考えるでしょう。しかしとにかく餌付かせるのが大変で、非常に飼育難易度が高く、少なくとも初級者向きではありません。以前は、最終後のストックや輸送の状態が原因で飼育が難しいと考えられていましたが、CB個体でも飼育が難しいため非常に神経質でクセも強いヘビであるようです。とにかく餌付かせるのが至難の業で、適する温度や湿度などが狭いようです。

かくいう私も何度が挑戦しましたが、もうあきらめました。人には向き不向きがあるようです。私にとって鬼門のようなヘビです。もう飼いません。
 

飼育の基本情報

飼育容器
フタがしっかりとできるプラケースや衣装ケース。

温度
23-28℃程度に保つ。夏の高温に注意する。

照明 特に必要なし

床材 ウッドシェイブなど。新聞紙やクッキングペーパーでも良い。

容器内レイアウト
体全体が浸かるような水容器とタッパーなどに水苔を入れたようなウェットシェルターを設置する。


小さめのマウス

基本的な世話
  • ピンセットによる給餌をしない
  • 夏場の高温に注意する
  • など
※「飼育の基本情報」は「爬虫・両生類ビジュアルガイド ヘビ(誠文堂新光社)」および海外サイトを参考にしました。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。