爬虫類・両生類/両生類・爬虫類関連情報

マクウォーリマゲクビガメ

そろそろネタが尽き始めた曲頚類の第11弾はオーストラリアを代表するマゲクビ・マクウォーリマゲクビガメです!

執筆者:星野 一三雄

TOP水生ガメ曲頚類>マクウォーリマゲクビガメ

マクウォーリマゲクビガメ

学 名Emydura macquarrii macquarrii別 名:-英 名:Murray River Turtle分 布:オーストラリア南東部甲長:20cm 最大31cm

オーストラリア南東部に生息する、やっぱりちょっと地味な感じのカメです。

多くの亜種に分けられているのですが、上の写真は基亜種であると考えられることと、他亜種の解説ページもできましたので、基亜種の紹介ということにします。

背甲は褐色からオリーブ色で幼体時はほぼ円形ですが、成長するにつれやや横長になります。頭部の側面には黄色からクリーム色の線と下顎には黄色い斑紋がある程度の模様があるだけです。

分布域の河川の水系ごとに亜種に分けられていますが、外見等ではほとんど見分けはつきません。種としてのマクウォーリーマゲクビガメの亜種の分類および生態はヒメマゲクビガメの項をご覧下さい。

もちろんWCの流通などはないのが本当ですが、CB個体が少数ですが流通しているようです。

基本的に飼育はしやすく、餌なども配合飼料で構いません。ただし水生のカメとしては標準的な大きさになるので水場が十分に確保できるようにしましょう。

こういうのって絶対に、写真だけを見るとか、ショップで売られているのを見るとかだけじゃきっと魅力が伝わらないんだと思います。私もオーストラリアに行った時にクレフトマゲクビを見たんですが、やっぱり野生で見ると感激しますから。



<おすすめINDEX>
水生ガメのコミュニティサイトfrom All About
水生ガメfrom All About

Terra Herps.では図鑑作りへのあなたの参加を待っています!
  • 自分の持っているマクウォーリマゲクビガメに関する情報を書きたい!
  • 星野の情報はココが間違っている!
  • みなさんが提供した情報や意見を読みたい!
そんなあなたはココをクリック!
マクウォーリマゲクビガメ
写真提供:Herptile Lovers
飼育の基本情報
飼育容器60~90cmクラス以上の水槽や衣装ケースなど
温度20~25℃程度に保温
照明紫外線入りのバスキングランプが必要。
ろ過できれば、外部式フィルターと上部フィルター
床材(底砂)必要なし
容器内レイアウト水深は甲長程度。陸場は流木を利用する。流木は水中にも組むこと
配合飼料でよい
基本的な世話多くの水棲傾向が強い水棲ガメに準ずる
  • 気が荒い個体が多いので、複数飼育は避ける
※「飼育の基本情報」は「ミズガメ大百科(マリン企画)」「爬虫・両生類ビジュアルガイド 水棲ガメ2(誠文堂新光社)」を参考にしました。
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で人気のペット用品を見るAmazon で人気のペット用品を見る
【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます