TOP水生ガメスッポン科とその他のカメ>スジクビコガシラスッポン
スジクビコガシラスッポン
写真提供:オーナーズフィッシュ

スジクビコガシラスッポン

学 名Chitra chitra別 名:コガシラスッポン英 名:Striped Narrow Headed Soft Shell turtle
分 布:ミャンマー、タイ、マレーシア、インドネシア(ジャワ島、スマトラ島)甲 長:140cm

1mを越える甲長になる超巨大なスッポンです。名前からもわかるように、非常に小さな頭部と円形の背甲が特徴的なスッポンですが、何より背甲に広がる幾何学的な模様が魅力的です。この模様は大きくなっても失われず美しいままです。

超巨大ではありますが、比較的成長は遅く不活発であるために、思ったほどは飼育に負担はかからないようです。

現地ではブリーディングもされているようで、高価ながらもCB個体が入荷しているようです。

そりゃ、まあスッポンは比較的好きな私ですから、この独特の体型と美しい模様に魅力は感じますが...でかすぎ。

CITES(ワシントン条約)の付属書II類掲載種

飼育の基本情報
飼育容器大きめの水槽や衣装ケースなど。
温度高めの水温(20~25℃以上)を維持するように保温
照明紫外線入りのバスキングランプが必要。ホットスポットは35℃程度
ろ過できれば、外部式フィルターと上部フィルター
床材(底砂)目の細かいパウダー状の砂を必ず厚めに敷く
容器内レイアウト背甲が完全に隠れる高さに砂を敷いて、砂に潜って首を伸ばして呼吸ができる水深。腹甲が傷つかない素材の陸場が必要
肉食性だが配合飼料でよい
基本的な世話いわゆる水生ガメの飼育法ポイントは
  • 必ず砂に潜るので皮膚を傷つけないパウダー状の砂を厚く敷く
  • やや酸性の水質を好むので、アルカリ性に傾くサンゴ砂は使用しない
  • 必ず陸地を作る
  • 皮膚病に注意する
  • 咬みつかれないように注意して扱う
  • など
※「飼育の基本情報」は「爬虫・両生類ビジュアルガイド 水棲ガメ2(誠文堂新光社)」「ミズガメ大百科(マリン企画)」を参考にしました。


<おすすめINDEX>
水生ガメのコミュニティサイトfrom All About
水生ガメfrom All About

Terra Herps.では図鑑作りへのあなたの参加を待っています!
  • 自分の持っているスジクビコガシラスッポンに関する情報を書きたい!
  • 星野の情報はココが間違っている!
  • みなさんが提供した情報や意見を読みたい!
そんなあなたはココをクリック!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。