記事:前ガイド戸松 佐恵美


ガイド宅には10匹の猫がおりますが、そのうちの5匹は黒猫です。私は黒猫が大変好きで、猫を飼う前から飼うなら黒猫、と決めていました。

我が家に最初にやって来た、桃太郎と栗之助は黒猫の兄弟ですが、この子たちは白に黒ぶちの模様の同腹兄弟と共にコンビニの白い袋に入れられて、口を縛った状態で『ゴミ収集場』に捨てられていました。心ある新聞社の方が、動いているこの袋を見つけて中を開け、驚愕して保護した猫でした。
その後、NIFTYの掲示板に里親募集記事を掲載され、たまたま黒猫が、しかも二匹兄弟で欲しかった私の目に触れて連絡を取らせて頂きました。

最初に箱を開けて中を見せてもらった時、見分けがつかないと困るから、黒一匹と白に黒ぶちを一匹頂いて帰ろうかと考えていたのですが、保護されている方が「白に黒ぶちは、最悪誰もいなかったら引き取ってもいい、という人が何人かいるんですが・・・黒猫は不吉だという理由で、貰い手がついていないんです」この一言で、私は黒猫の兄弟二匹を貰って帰ることにしました。


「黒猫は不吉」みなさんも一度か二度は耳にしたことがあるかもしれません。目の前を黒猫が横切ると何か悪い事が起きる、などという迷信を聞いたことがありませんか?

かく言う私自身も小学生の時分には、この迷信を信じ、黒猫が前を横切ると、何という呪文だか忘れましたが、その不吉な出来事を取り消す呪文を唱えていた様に記憶しています。

昨今では、玩具メーカーの出した「ラッキーキャット」なる黒猫のぬいぐるみやら、「魔女の宅急便」というアニメに出てくる可愛い黒猫のジジ、某宅急便屋さんのイメージキャラクターからかなりイメージアップはされているものの、web検索サイトgoogleで「黒猫、不吉」で検索をかけたら約34,500件もヒットがありました。(2007年8月現在)