夫婦関係は修復できる?お互いの問題点とは

夫婦関係を修復するために必要なこと

また勝手なことを―それはこっちのセリフだろっ

夫婦問題研究家の岡野あつこです! 毎日言い争ってばかりでパートナーへの愛情も持てなくなってしまった、このままでは性格の不一致で離婚するしかないのでしょうか? という夫婦間の悩みを訴えて来られる方がいます。大概この手の相談に私は「ちょっと待って! その離婚」とストップをかけています。

離婚するのはそれ以外の道はないという、離婚するしかない状況になっている人がするものであり、「離婚でしょうか? 」などと相談している余裕のある方は、離婚は十分回避できるケースがほとんどなのです。

夫婦関係は双方が自分を主張しているばかりでは、うまくいくわけがないのです。その状態が続くと相手に対する不信感・嫌悪感から、更に関係は悪化します。では夫婦はどうすればうまくいくのでしょうか? M美さんのケースを例にこの夫婦の問題点は何か、一緒に考えてみましょう。
 

夫の理解出来ない行動

M美さんは結婚15年。中学2年生のお嬢さんがいます。「最近夫のことが嫌で嫌で顔を見るだけでイライラしてくるんです。夫の行動のすべてに納得がいかなくて。1番理解できないこと。それは夫が、特別養護老人ホームにいる父親に、面会に行かないことです。

私は毎週日曜日、顔を出しているのですが、いくら夫を誘っても入所のとき送って以来、1度も行ったためしがありません。義父は夫の名前を呼び手を差し出します。私が手を握って、ごめんね、おじいちゃん、S輔はお仕事で来られなかった。今度は必ず一緒に来るね、と答えます。義父の容体からしてそう長いことはないでしょう。それなのに、どうして会ってあげないのか、私には理解できないのです」
 

夫にも家のことをして欲しい

妻と夫のすれ違い

「了解」の意味が不明ですっ

これが1番の原因で毎週喧嘩です。行こう、行かない、で。平日は―例えば、私が『残業になるから先に帰れたらごはんの用意をお願い』とメールを入れるじゃないですか。すると『了解』って返信がくる。安心していると娘からメールが入って、『まだ帰れないの? 今日は夕飯どうするの? 』と。慌てて夫に電話すると居酒屋で一杯やっていると。娘のごはんは? と言うと、もう中学生なんだから腹減ったら自分で何とかするだろ、と。

それならそれでいいけれど、じゃ『了解』の2文字のメールは何なの!? と腹立って腹立って。共働きなのだから、家事だって少しは手伝ってほしいのに、全部私任せ。もう同じ部屋にいると何か文句の1つ言いたくなって言ってしまったら最後、言い争いになるので、夫がリビングにいるときは、私はダイニングにいます。寝室のベッドも1台予備室に持ち込んで夫婦別寝生活を始めました」
 

娘は両親の不仲に心痛める

そんな状況でいると、お嬢さんにボーイフレンドができて日曜日にはボーイフレンドの部屋に遊びに行くようになったとか。「部屋で2人きりになるということは、どういうことが起きる可能性があるのか、私がダメだと言っても聞かないから父親からガツンと言ってよ、と頼みました。そうしたら何て言ったと思います? 妊娠しなければいいんじゃない? 避妊の知識くらいあるだろ、って言ったんです。もう~~~あり得ませんっ。

私、夫を相手にしても埒明かないと思い、娘を連れ戻しにそのお宅に行ったんです。そうしたら娘が『あんな家、嫌い。親も嫌い。帰りたくない』と泣きだしてしまって。よそ様の前で娘にそんなことを言われた日には、私だって泣きたくなりましたよ。娘は両親の不仲、家庭不和を感じひとりで心痛めていたのでしょう。それは可哀想だったと思います。でも―」
 

夫に対する愛情がもう1カケラもない

愛情もない。修復なんて無理。でも―

愛情もない。修復なんて無理。でも―

M美さんはお嬢さんに泣かれたからこそ、ある考えが浮かんだと言います。「娘は私と夫に仲良くして欲しいのだと思います。でも、もうそれは無理なんだと、娘の気持ちを知ったからこそ、できないということがはっきりわかったんです。夫に対する愛情がもう1カケラもないということに気づかされてしまった。自分の奥深くの正直な気持ちから、修復は不可能だとはっきりわかってしまった。

これ以上共同生活を営んでいくのは無理なんです。ただ、娘の気持ちを考えると―夫に離婚を切り出すのはまったく平気ですが、娘にはとても言えない。だからといって、このまま今の夫婦関係のまま離婚せず生活していくなんてもう耐えられない……どうしたらいいのでしょう? 」
 

夫婦関係を修復して離婚を回避する方法

私はこのケースは離婚を回避して夫婦関係を修復する余地が十分残っていると思い、M美さんの凝り固まった夫への不満を解きほぐしていくカウンセリングを進めていきました。

M美さんはここ何年か夫のことなど褒めた記憶がないと言いました。口を開けば否定的なことばかり言って、夫が何かを言ってきたらわざと正反対の意見を主張しないと気が済まなかったということです。これでは夫婦関係はうまくいくはずがありません。どんな少しのことでもいいので褒めて共感することが大事。

M美さんが夫を尊敬していない、気に入らない、否定的、すなわち認めていない、これが夫に伝わってしまっているので夫の態度も言葉もM美さんと正反対になってしまうわけです。今後M美さんは、「私はこう思う、だからあなたはこうするべきでしょ!」と一方的に押し付けるのではなく、先に「あなたはどう思うの? それはそうよね。そうするのが私もいいと思う」と、例え自分の意見が違っていたとしても一旦は認め尊重します。

すると夫婦の関係は変わります。お互いに認め合った関係を築き直せれば、意見が違ったときでも、「喧嘩」ではない「話し合い」ができるようになるのです。お嬢さんの気持ちを考えられる余裕があるのですから、M美さんは離婚するようなケースではないのです。


【関連記事】



【新サービス事前登録のご案内】
あなたの悩みについて、「似た経験をした人」とお話ししてみませんか?

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。

「夫の不倫が発覚したけれど、どうすればいいかわからない」「50歳で夫と死別して今後が不安」「3年間のセックスレスで悩んでいる」「子連れで再婚したいが、どうすれば……」などの悩みについて、同じような悩みを経験した・乗り越えた人から直接、話を聞いてみませんか?

日常では出会えない「同じ壁にぶつかった仲間」が、きっと見つかります。

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。