幸せになる人

せっかく大変な思いをして離婚を決意したなら今よりも幸せになりたいもの。不幸にならないために今からできることはたくさんあります!

「もっと幸せになりたい!」誰もがそう願って離婚を決めるはずなのに、残念ながらすべての人が幸せになるとは限りません。離婚して、幸せになる人と不幸になる人の境界線は、いったいどこにあるのでしょう?

離婚して不幸になる人——それは、離婚をいつまでも後悔し続けて、なかなか次のステップに進めない人のことをいいます。

もしも、「私は離婚したことを後悔しないだろうか?」と自分の気持ちに自信がない人は、次の3つのステップで離婚への覚悟を確認してみることをおすすめします。

「離婚問題=経済問題」という事実を直視して!

次の選択肢のうち、あてはまるものにチェックをしましょう。

STEP1 「経済面」からチェック
□離婚後の生活費をまかなえるだけの仕事に就いている
□仕事は持っていなくても、預金や不動産などの収入がある
□慰謝料や財産分与、分割年金などに期待ができる

私たち女性にとっての離婚問題は、そのまま経済問題に直結しています。「もう一緒に暮らしていかれない!」という感情で別れを決めても、先立つものがなければ行き詰まってしまうからです。金銭的な問題がクリアになっていなければ、すぐにも離婚したことを後悔するのは目に見えていますよね。上の診断表でひとつもあてはまるものがない人は要注意といえそうです。

お金がすべてではないものの、離婚して幸せになるための必須条件として「ひとりでも食べていかれる」という項目が入るのは現実的に避けられないことです。入念なシミュレーションのもと、離婚後の生活に備えてしっかりと事前準備をしておく必要があるでしょう。

続く「精神面」と「環境面」のチェックで、本当に“女ひとり”で幸せに暮らしていくことができるかどうか、チェックをしてみましょう!

離婚をその後の糧にできるかどうかは、ココで決まります!>>