都会のオアシス!オーガニック宿銀座「吉水」

銀座吉水の外観
温かみのある灯りがもれる外観
銀座のど真ん中にひっそり存在するオーガニック宿銀座「吉水」をご存じでしょうか。1998年に開業、失われつつある日本文化を大切にした京都「吉水」の次の宿として、2003年に銀座に誕生しました。オープン以来、外国人旅行客を中心に強い支持を得ています。ここでいただけるオーガニックの和食は特に人気で、宿泊者以外でも食事を楽しむことができます。今回は吉水の食事にスポットをあててご紹介しましょう。※【日本の宿】吉水の宿泊体験記事はこちら

エコな空間で静かにいただくナチュラルフード

内観
個室も用意。銀座とは思えない静けさ、ゆっくり食事を楽しみましょう。
究極のオーガニックを貫く在り方が、吉水の特徴でもあります。館内の内装は、無農薬の珪藻土(けいそうど)の壁、無農薬の畳。竹を使った床や障子枠など、至るところに自然素材を使用しています。レストラン利用の場合は、ダイニングスペースのほか、人数に合わせて個室の利用が可能です。バックグラウンドミュージックなどはなく、銀座とは思えぬ静寂な空間で、ゆっくりと食事を味わってください。

次ページは食事内容について詳しくご紹介します。