暑い夏の日、冷たく冷やしたそうめんが美味しい時期ですね。
シンプルな味で、いろんなアレンジのきくそうめん。今回は瀬戸内で昔から食べられていた「鯛そうめん」をご紹介します。この時期、他では味わえない“旬”の鯛の味わいを、どうぞ!

ほかの地域とはひと味違う
身の締まった天然鯛


鯛
おだやかに見える瀬戸内海も出てみれば潮の流れは速い。この潮流の中で育つ、身の締まった天然鯛は一年中ほとんど味が変わらず、夏でも“旬”の味。

日本有数の漁場、瀬戸内海──。
険しい山がそのまま海に落ち込んだような内湾には、川から豊富な栄養が注ぎ込む。さらに海底の凹凸と速い潮流は複雑な潮目を生み、様々な魚の住処となっている。瀬戸内ダコ、瀬戸内アナゴなど“瀬戸内ブランド”も多いが、中でも王者といえるのが、鯛だ。

「夏に鯛なんて……」と眉をひそめる方もいるかもしれない。

確かに、一般的に鯛は春がいちばん美味しいといわれ、花の時期に産卵のために沿岸に寄ってくる鯛は“桜鯛”と呼ばれ珍重される。それに反して“麦藁鯛”と呼ばれる梅雨~夏の鯛は、格下のものとして扱われている。しかし、瀬戸内の鯛に限っては、この旬は必ずしも当てはまらないという。


夏に鯛?! 一年中ほどんと味の変わらない瀬戸内の鯛の不思議。次のページへ続きます!