本場オークラの味がこのお値段で!?
量、質、料金、すべてに満足!


オマール海老のフリカッセ ピーナッツソースフェトチーネ添え
アミューズからデザートまで、前7品の『洋食特選コース』は5,775円。東京のホテルオークラ仕込みの本格料理が手頃な価格で楽しめる。(写真はイメージ。2004年9月号の『自遊人』掲載時のもの。)
オークラ千葉ホテルでは、和食、洋食、中華と3種類の料理を提供しているが、3ジャンルのシェフが同じ厨房に入るという、オークラグループでも他にはないケース。

味はもちろん東京のホテル仕込み。3人のシェフが情報を交換しあうことで、他では味わえない和洋中の折衷コースも実現した。



独自の仕入れ先を開拓
お得感満点の絶品料理!


レストラン『セブンシーズ』
夕食、朝食ともにレストラン『セブンシーズ』にていただく。
このホテルで特筆すべきは、仕入れ業者を独自に開拓し、数社使い分けるなど民間らしい経営を実践している点だ。
その結果、6000円未満の期間限定ディナーなどお得なメニューにも、高級素材のふかひれなどが惜し気もなく使われている。

「レストランは地元の人に愛されてこそ。とくに男性はボリュームを重視されますから、味はそのままに、値段をおさえてボリューム感を出しています。かなりお得感があるはずですよ」

公共の宿とは思えない、居心地のよい空間とおしゃれな料理。気になる宿泊料金は次のページで!