家族や親戚が亡くなった場合、自分自身が喪中になるのかどうかわからない……という人、案外多いのではないでしょうか。
結論から言えば、どのくらいの期間を喪中というか、どこまでの範囲の親戚が該当するかなど、厳密な決まりはありません。地域によって、宗派によって、各家庭の事情によって異なります。
   

忌中と喪中の違いと一般的な服喪期間

喪中の期間はいつからいつまで

最近は新年の挨拶をメールで行う人も増えてきましたが、喪中のお知らせをメールだけで済ませるのは失礼です。


「喪に服す」と言いますが、正確には「忌」の期間と「喪」の期間は異なります。
忌中とは、神道の「穢れ(ケガレ)である死を忌む期間」という考え方から、忌中時(五十日)は出仕(仕事)を控え、殺生をせず、髭や髪を剃らず、神社に参拝しない、としています。仏教では四十九日法要が終るまでを忌中とされています。一方喪中とは、「死者を偲ぶ期間」であるとされ、忌中とは別の考え方になるのです。

日本では、喪中の規定に関する法律は奈良時代の「養老律令(ようろうりつりょう)」にはすでに見られ、江戸時代になると「服忌令(ぶっきりょう)」という法律によって喪中の規定がはっきりなされていて、これらによると父母の喪は12か月~13か月であると制定されています。
明治7年の太政官布告による服忌令では13か月、明治42年の皇室服喪令では12か月と、こちらもほぼ同様の期間が決められています。

現在は服喪期間についての法律はありませんが、だいたい12か月~13か月が一般的。つまり少なくとも両親が亡くなった場合には、それが何月であろうと新年は喪中であるということになるのです。
 

故人との関係によって違う服喪期間

服喪期間について、あくまで参考程度になりますが一般的には下記のとおりであると認識されています。
  • 父母、養父母、義父母
    …12か月~13か月
  • 子供
    …3カ月~6か月
  • 兄弟・姉妹
    …30日~3カ月
  • 祖父母
    …3カ月~6か月
  • 祖祖父母、叔父叔母、伯父伯母
    …喪中としない
 

喪中という考え方がない仏教宗派もあります

喪中ハガキは11月末ごろまでには準備しておきたいところ。遅くても12月10日までに先方に到着するようにしましょう。
喪中ハガキは11月末ごろまでには準備しておきたいところ。遅くても12月10日までに先方に到着するようにしましょう。
日本で一番門信徒数が多い浄土真宗や、キリスト教には喪中の概念はありません。
とはいえ、喪中も年賀欠礼状も社会的習慣として広く認知されていることですから、地域の慣習やお付き合いなどを考慮して、それぞれの家庭で決めたら良いでしょう。
 

服喪期間でわかる日本の家制度

喪中の範囲についてはよく質問をいただきますが、特に「妻の祖父母は喪中かどうか?」という内容の質問があります。核家族化が進み、墓も独立、家制度が崩れつつある日本でも、夫側と妻側に喪中期間に差をつけて説明しているマナー本、マナーサイトも少なくありません。
 

喪中・年賀欠礼状を出す相手

喪中・年賀欠礼状は、例年年賀状のやりとりをしている人全員に出します。ただし、仕事上のお付き合い上出すほうが良い相手もいますので、その場合は例年通り年賀状を送ることもあります。
 

喪中・忌中の時のお中元やお歳暮はどうする?

お中元やお歳暮は、お世話になった方へのご挨拶という意味ですから、当方や先方が喪中または忌中期間中であっても、贈答してもOKです。
ただし心情的に気になる場合には、時期をずらし、お中元なら暑中お見舞い(残暑お見舞い)、お歳暮なら寒中見舞いとしてお贈りするのも良いでしょう。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。