新年は仏閣へお参りしてはいけない!のウソ

喪中の人は神社・仏閣へのお参りを控えるようにと多くの本で書かれていますが、これは誤解も含まれた解釈です。結論から言えば、神社は△、お寺は○です。そもそも神社とお寺を一緒に考えるのが大きな間違い。「死」に対しての考え方が神社とお寺では違うのです。

神社の場合、死は「忌み嫌うもの」「不浄なもの」でありケガレと考えます。そのため神社のお社(やしろ)の中で葬儀はできません。ケガレている間は鳥居をくぐることはNGとされています。しかし、仏教の場合「死」はケガレではありません。お寺の本堂を利用して葬儀もしますし、初七日法要、四十九日法要もします。本堂にまつってある本尊に手を合わせてお参りをする……喪中であろうとなかろうと、むしろ大切な方を亡くした後だからこそ手を合わせることは大切なことなのです。

お寺へのお参りは、葬儀や法要だけではありません。根本的にはお正月には旧年の感謝と新年のご挨拶をするのことが大切とされていますから、喪中でもぜひお参りに行っていただきたいのです。


神社によっても違う、喪中時の初詣についての考え

神社の場合、参拝は五十日祭を過ぎた忌明けからOKの場合と、喪中期間中(半年~1年)は×という場合があります。
神社の場合、参拝は五十日祭を過ぎた忌明けからOKの場合と、喪中期間中(半年~1年)は×という場合があります。
ここで「忌中」についてご説明しておきましょう。忌中とは、死者が出た家の人間が忌み慎む期間のこと。ひとつの目安として仏教では没後四十九日間、神道では五十日間が忌中と考えられています。ですから神道では一般的に五十日祭を終えて忌明けすれば鳥居をくぐっていいとされ、合格祈願、安全祈願、お宮参り……という行事が可能になります。この考え方でいけば、初詣もいちおう可能となるわけですが、そもそも「忌」の捉え方が神社によって違うので注意が必要です。

神社の場合は仏教の教えと違って、地域に根付いた信仰にあたることから、「一般的に」では語れない部分が多々あります。
死の忌みは五十日祭を終えてもなお続き、たとえば両親が亡くなった場合は一年間を忌中として、神事祭礼への参加を禁止するという慣習が広く伝わっている地域もあります。


次ページでは「神社とお寺を勘違いしていませんか?」「やはり避けたいお祝いムード。お墓参りのすすめ」についてお話します。