戒名とはいったいなんでしょう?「死んだらつけてもらう名前?」「お墓に入るときの名前?」そう答える人もいるかもしれません。意味をよく理解しないまま「戒名」という言葉だけが先走り、「あの世の名前なんていらない」「戒名をつけてもらうのに数十万円もとられた!」など、最近では悪者扱いされてしまうこともしばしば。まずは正しい知識を持って戒名について考えてみましょう。

戒名とは仏教徒になった証として授かる名前のことです

戒名については金額の話ばかりが話題になりがち。由来や意味を知っておけば不安が少しでも解消できるかも。
戒名については金額の話ばかりが話題になりがち。由来や意味を知っておけば不安が少しでも解消できるかも。
戒名とは文字通り、厳しい戒律を守って仏門に入った人が授かる名前のことです。つまり修行をし、経典を勉強し、仏様の教えを学んだ証として与えられるもので、これを受戒(じゅかい)と言います。戒名は本来ならば生前に与えられるものなのですが、時代を経て亡くなった後に死後に与えられるようになりました。死者の場合でも生きているものとして扱い、仏様の弟子として送るという「没後作僧(もつごさそう)」という考え方から来ています。

戒名は宗派によって呼び方が違う点をご存知ですか?天台宗・真言宗・浄土宗・曹洞宗・臨済宗は「戒名」といいますが、浄土真宗では「法名(ほうみょう)」と呼びます。それは開祖である親鸞聖人は「私たちは戒を守れない凡夫だから弥陀の誓願によってのみ救われる(阿弥陀様を信じるのみ!)」という浄土真宗の教義を確立しましたので「戒」という文字を用いません。また、日蓮宗では「法号(ほうごう)」と呼びます。それは日蓮宗でも受戒はせず、法華信者は霊山浄土(れいざんじょうど)へ生まれ変わるとされているためです。

戒名はいつ、どこでもらえばいいの?

一般的に馴染みがない戒名ですが、どのような場面で必要になってくると思いますか。

1. 葬儀の際に使う
2. 位牌に書く
3. お墓に刻む

戒名が登場するのはだいたいこの3ケ所。つまり普通に生活していくうえで絶対に必要なものではないため、ほとんどの人は亡くなった後にいただいています。しかし、亡くなってから仏教と関わるというのもなんとも不思議な話。そのため多くの寺院関係者は、生前に戒名をいただくことが望ましいと提唱しています。

生前に戒名をいただく場合は、各寺院で行っている「受戒会(じゅかいえ)」「帰敬式(ききょうしき)」「おかみそり」などの儀式を通過して付けていただくことになります。

次ページでは、戒名に関するQ&Aをご紹介します。