最近は遺骨をお墓に埋葬せずに、海や山にまく散骨を希望する人が増えています。

これは、少子高齢化や核家族化などの社会的背景もありますが、葬儀やお墓についての考え方がひと昔前と比べて少しずつ変わってきたことも理由のひとつです。例えば葬儀の場合だと「故人が好きだったお花で葬儀の祭壇を飾りたい」というように、慣習にとらわれずにその人らしいお別れをするケースが目立ってきました。また、お墓の場合は「墓石に彫る文字は心に残る言葉にしたい」「墓石は○○のような型にしたい」など、オリジナリティを求める人が増えてきています。

このように葬送の選択肢が増えるにしたがって、お墓に遺骨を納めるだけでなく散骨に注目が集まってきました。散骨と言っても、海にまく、山にまく、思い出の地にまく……等がありますが、ここでは海にまく散骨についてのみ取り上げていきます。

【INDEX】
散骨は法律で認められている?認められていない?
海へ散骨する場合の手順
個人で好きな場所に散骨をしてはいけないの?
散骨についてよくある質問~Q&A~
格安の委託散骨プランは5万円台から

散骨は法律で認められている?認められていない?

散骨は違法ではありませんが、遺骨を細かく砕いたり、人に迷惑がかからない場所にする等の配慮が必要です。
散骨は違法ではありませんが、遺骨を細かく砕いたり、人に迷惑がかからない場所にする等の配慮が必要です。
散骨は法律でどのような位置づけになっているのでしょうか。昭和23年に制定された「墓地、埋葬等に関する法律」(以下、墓埋法)の第四条によると、「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない」という条文があります。この法律が制定された当時は散骨のような葬送については想定されていなかったため詳しく記載されておらず、現在散骨は法律の対象外として解釈されています。また、1991年には「葬送のための祭祀として節度をもって行われる限り遺骨遺棄罪に該当しない」と当時の厚生省及び法務省が発表しています。

ただし、「散骨についてきちんとガイドラインを定めるべき」という動きもありますので、今後は法律や条例などが制定されることも考えられます。