本来の「戒名」にあたる部分はわずか2文字

 
 

戒名は「院号」「道号」「戒名」「位号」で構成されています。

戒名は「院号」「道号」「戒名」「位号」で構成されています。


はじめに戒名の構成について説明します。院号、道号、戒名、位号で構成される戒名を基本パターンとして考えてみましょう。宗派によってこの基本パターンから不必要なものが削除されたり、他の文字がくっついたりします。

「院号」……もともと天皇が退位した後に付けられた名前のことでしたが、後に身分の高い人に付けられるようになりました。院号より高貴な尊称として院殿号もあります。
「道号」……戒名の上につけられる名前のこと。もともとは仏道を習得した高僧に付けられる名前。
「戒名」……本来はこの2文字が戒名の意味に相当する部分。俗名(生前)の名前から一字とって入れることが多い。
「位号」……戒名の下につけられる位の意味で昔は階級を表していました。性別、年齢なども位号で表されます。。

さらに、「位号」にはいくつか種類があります。代表的なものをご紹介します。
・居士(こじ)/大姉(だいし)
 ……成人男性/成人女性の場合。信士・信女より寺院に貢献した人に付けられる。
・信士(しんじ)/信女(しんにょ)
……成人男性/成人女性の場合。
・童子(どうじ)/童女(どうにょ)
……15歳未満の子供の場合。
・孩児(がいじ)/孩女(がいにょ)
……幼児の場合。
・嬰児(ようじ)/嬰女(ようにょ)
……乳児の場合。
・水子(すいじ)
……死産児の場合。

このように、実は厳密な意味での戒名にあたる部分は、全体の中での2文字のみになります。その他は時代を経て、さまざまな事情で付け加えられたもの。ちなみに聖武天皇の戒名は「勝満」、平清盛は「浄海」だそうです。
 

宗派によって戒名は違う

【図表】梵字の種類
戒名には大大日如来、阿弥陀如来、釈迦如来、地蔵菩薩など仏様を表す梵字がよく使われます
戒名には大日如来、阿弥陀如来、釈迦如来、地蔵菩薩など仏様を表す梵字がよく使われます。

次に各宗派による戒名の特徴をご説明します。

「天台宗」
戒名の頭に梵字が入ることもあります。その場合は大日如来を表すア号(図1)か、阿弥陀如来を表すキリーク(図3)が多いようです。

「真言宗」
戒名の頭に梵字が書かれています。大日如来を表すア号(図1)という文字です。子供の場合は地蔵菩薩を表すカ号(図2)が書かれています。

「浄土宗」
戒名の中に誉という文字が入ります。○○院◇誉△△□□居士(大姉)というように、道号の前に誉を含めて2文字入るのが特徴です。戒名の頭に梵字が入ることもあります。その場合は阿弥陀如来を表すキリーク(図3)になります。

「浄土真宗」
2文字の法名の前に釋(釈)という文字が入ります。釋□□、○○院釋□□のように、釋を含めて法名は3文字か6文字になります。以前は女性の場合、釋尼□□とつけられていた風潮がありました。

「曹洞宗」
道号と戒名の4文字は、経典や漢詩などを参考にしながら対句で熟語になることが多い。戒名の頭に梵字パク(図4)が入ることもあります。

「臨済宗」
院号にかわって、庵号、斎号、軒号が使われることがあります。また、位号に禅定門、禅定尼などをつけることがあります。

「日蓮宗」
法号に日の字が入ったり、道号に男性は法、女性には妙がつくことが多いようです。戒名の上に妙法という2文字が書かれることもあります。
(男性)○○院法△日□信士
(女性)○○院妙△日□信女
 

戒名にランクはありますか?

Q:
父の戒名をつけてもらうとき親戚から「立派な戒名のほうが世間体がいい」と言われました。戒名にもランクがあるのでしょうか?
A:
本来の戒名の意味を考えれば、戒名にランクはありません。しかし、インド→中国→日本に仏教がわたり、長い時を経て、戒名の中に社会的地位や財力をする文字が用いられるようになりました。特に江戸時代にはさまざな階級を表すの戒名が使われていたそうですが、現在その種類は少なくなっています。一般的な戒名の場合は社会的な背景や性格、人柄などが表されることが多くなります。
 

有名人の戒名を知りたい!

Q:
歴史上の人物、有名人の戒名を知りたいのですが。
A:
日本で一番長い戒名は徳川家康と言われています。

・徳川家康 安国院殿大相国徳蓮社崇誉道和大居士
・夏目漱石 文献院古道漱石居士
・田中角栄 政覚院殿越山徳栄大居士
・樋口一葉 智相院釈妙葉信女
・石原裕次郎 陽光院天眞寛裕大居士
・美空ひばり 茲唱院美空日和清大姉

最近は、インターネット上で有名人の戒名を簡単に調べることができるようになりました。さすがに詳しく調べるほどの戒名マニアは少ないかもしれませんが……。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。