戒名の基本的な意味についてはいまさら聞けない、そもそも、戒名って何?でご紹介しましたが、今回はもう少し詳しく紐解いてみましょう。

本来の「戒名」にあたる部分はわずか2文字

戒名は「院号」「道号」「戒名」「位号」で構成されています。
戒名は「院号」「道号」「戒名」「位号」で構成されています。
はじめに戒名の構成について説明します。院号、道号、戒名、位号で構成される戒名を基本パターンとして考えてみましょう。宗派によってこの基本パターンから不必要なものが削除されたり、他の文字がくっついたりします。

「院号」……もともと天皇が退位した後に付けられた名前のことでしたが、後に身分の高い人に付けられるようになりました。院号より高貴な尊称として院殿号もあります。
「道号」……戒名の上につけられる名前のこと。もともとは仏道を習得した高僧に付けられる名前。
「戒名」……本来はこの2文字が戒名の意味に相当する部分。俗名(生前)の名前から一字とって入れることが多い。
「位号」……戒名の下につけられる位の意味で昔は階級を表していまひた。性別、年齢なども位号で表されます。。

さらに、「位号」にはいくつか種類があります。代表的なものをご紹介します。
・居士(こじ)/大姉(だいし)
 ……成人男性/成人女性の場合。信士・信女より寺院に貢献した人に付けられる。
・信士(しんじ)/信女(しんにょ)
……成人男性/成人女性の場合。
・童子(どうじ)/童女(どうにょ)
……15歳未満の子供の場合。
・孩児(がいじ)/孩女(がいにょ)
……幼児の場合。
・嬰児(ようじ)/嬰女(ようにょ)
……乳児の場合。
・水子(すいじ)
……死産児の場合。

このように、実は厳密な意味での戒名にあたる部分は、全体の中での2文字のみになります。その他は時代を経て、さまざまな事情で付け加えられたもの。ちなみに聖武天皇の戒名は「勝満」、平清盛は「浄海」だそうです。

次ページでは各宗派による戒名の特徴をご説明します。