真言宗は梵字、日蓮宗は「日」「妙」、浄土宗は「誉」、浄土真宗は「釋」が付く

【図表】梵字の種類
戒名には大大日如来、阿弥陀如来、釈迦如来、地蔵菩薩など仏様を表す梵字がよく使われます
戒名には大日如来、阿弥陀如来、釈迦如来、地蔵菩薩など仏様を表す梵字がよく使われます。

次に各宗派による戒名の特徴をご説明します。

「天台宗」
戒名の頭に梵字が入ることもあります。その場合は大日如来を表すア号(図1)か、阿弥陀如来を表すキリーク(図3)が多いようです。

「真言宗」
戒名の頭に梵字が書かれています。大日如来を表すア号(図1)という文字です。子供の場合は地蔵菩薩を表すカ号(図2)が書かれています。

「浄土宗」
戒名の中に誉という文字が入ります。○○院◇誉△△□□居士(大姉)というように、道号の前に誉を含めて2文字入るのが特徴です。戒名の頭に梵字が入ることもあります。その場合は阿弥陀如来を表すキリーク(図3)になります。

「浄土真宗」
2文字の法名の前に釋(釈)という文字が入ります。釋□□、○○院釋□□のように、釋を含めて法名は3文字か6文字になります。以前は女性の場合、釋尼□□とつけられていた風潮がありました。

「曹洞宗」
道号と戒名の4文字は、経典や漢詩などを参考にしながら対句で熟語になることが多い。戒名の頭に梵字パク(図4)が入ることもあります。

「臨済宗」
院号にかわって、庵号、斎号、軒号が使われることがあります。また、位号に禅定門、禅定尼などをつけることがあります。

「日蓮宗」
法号に日の字が入ったり、道号に男性は法、女性には妙がつくことが多いようです。戒名の上に妙法という2文字が書かれることもあります。
(男性)○○院法△日□信士
(女性)○○院妙△日□信女

次ページでは戒名に関するQ&A【PART2】をご紹介します。