お葬式にはたくさんの迷信や言い伝えがあります。今でこそ常識とされる弔事マナーも、ほとんどが迷信をベースにして後につくられたものです。科学の発達した現代では、迷信を信じる人も少なくなりましたが、それでも良くない事がおこったときには、「ああ、やっぱり……」と迷信を信じてしまうのが人の心。

古くから伝わる迷信には、どんな根拠が隠されているのでしょうか。

友引に葬儀をしてはいけない?

官公庁をはじめとする公共機関が作成するカレンダーには六曜が入っていません。無用な混乱をさけるためだそう。
現在、官公庁をはじめとする公共機関が作成するカレンダーには六曜が入っていません。無用な混乱を避けるためだそう。
普段の生活では意識をしない暦「六曜(ろくよう)」ですが、冠婚葬祭になると、ほとんどの人が気にとめていることでしょう。「六曜」は「六耀」「六輝」などさまざまな呼び方がありますが、もともとは中国の三国時代の軍師として有名な諸葛孔明が発案(真偽は不明)したものと言われています。

六耀は1か月を5等分して6つに分けられていますが、中国から伝わった鎌倉時代からはずいぶんと呼び名も意味もかわり、現代では「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」の6つの名称があります。

「仏滅」「友引」と聞くと、いかにも仏教と関係がありそうな言葉のように感じますが、明治初期までは「物滅(物を失わないように気をつける日)」、「共引(引き分けの日)」の字が使われていたとか。

このように、六曜は仏教はもちろん、死とも全く関係ありませんので、友引に葬儀を行うと、「死者がさみしがって友を連れていってしまう」という言い伝えはあくまで迷信にすぎません。が、現実には友引に火葬場が休みのところが多いので葬儀を行うところは少ないようです。

ただし、「ゲン担ぎ」として今でも六耀は冠婚葬祭で用いられていることも事実。「お祝い事は良い日を選びたい」という気持ちも大事にしたいですね。

まだまだあります!お葬式の迷信について……次ページへ