お葬式にはたくさんの迷信や言い伝えがあります。今でこそ常識とされる弔事マナーも、ほとんどが迷信をベースにして後につくられたものです。科学の発達した現代では、迷信を信じる人も少なくなりましたが、それでも良くない事がおこったときには、「ああ、やっぱり……」と迷信を信じてしまうのが人の心。古くから伝わる迷信には、どんな根拠が隠されているのでしょうか。
   

友引に葬儀をしてはいけない?

友引にお葬式をしてはいけないという迷信

現在、官公庁をはじめとする公共機関が作成するカレンダーには六曜が入っていません。無用な混乱を避けるためだそう。


普段の生活では意識をしない暦「六曜(ろくよう)」ですが、冠婚葬祭になると、ほとんどの人が気にとめていることでしょう。「六曜」は「六耀」「六輝」などさまざまな呼び方がありますが、もともとは中国の三国時代の軍師として有名な諸葛孔明が発案(真偽は不明)したものといわれています。

六耀は1カ月を5等分して6つに分けられていますが、中国から伝わった鎌倉時代からはずいぶんと呼び名も意味もかわり、現代では「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」の6つの名称があります。

「仏滅」「友引」と聞くと、いかにも仏教と関係がありそうな言葉のように感じますが、明治初期までは「物滅(物を失わないように気をつける日)」、「共引(引き分けの日)」の字が使われていたとか。

このように、六曜は仏教はもちろん、死とも全く関係ありませんので、友引に葬儀を行うと、「死者がさみしがって友を連れていってしまう」という言い伝えはあくまで迷信にすぎません。が、現実には友引に火葬場が休みのところが多いので葬儀を行うところは少ないようです。

ただし、「ゲン担ぎ」として今でも六曜は冠婚葬祭で用いられていることも事実。「お祝い事は良い日を選びたい」という気持ちも大事にしたいですね。
 

火葬場から帰るときは違うルートを通る?

火葬場から帰るときは、行きと違うルートを通るほうがいいという言い伝えがあります。このほかにも、斎場から出棺する際に、棺をぐるぐる回すという地域もあるようですが、いずれも死者の方向感覚をなくして戻ってこないようにするため……という迷信です。

出棺のときに「死者の茶碗を割る」という習慣は、「ご飯を食べに戻ってこないように」、棺に釘を打つのは「こちらへ戻ることなく、三途の川を無事に渡りきれるように」という言い伝えから。

「死者が戻ってきたらどうしよう」という不安、そして「死者が迷わずあの世へ行けるように……」という意味を含んだ迷信は、このほかにも多数あります。
 

妊婦が葬儀に参列すると子供に災いがおこる?

妊婦が葬儀に参列すると、故人が赤ちゃんを連れていってしまう……とか、子供に災難がふりかかる……などの言い伝えがありますが、これは妊婦に対する配慮からきたと考えられます。

昔の葬儀といえば、女性は裏方として炊事などをこなさなければならず、大変な苦労があったことでしょう。妊婦だと当然母体に負担がかかっていたと思われますので、まわりの人が気遣いからこのような迷信が伝えられたのかもしれません。しかし、現代の葬儀では、ほとんど葬儀社が手配してくれますので、女性の負担は随分と軽くなってきています。冷暖房完備、椅子席もあるホールが多いですから、昔と違って負担を強いられることはありません(妊娠初期でつわりがひどいとき、自宅での安静が必要と診断されている場合などは、参列を控えます。)

地域によっては、「妊婦はお腹に鏡を入れておくべき」という言い伝えもあります。良くない事、悪い霊を跳ね返すという意味があるそうです。
 

着物は右前に合わせるのが基本

画像の代替テキスト
「三途の川への橋渡しをする」という意味で、二人一組となって骨を拾う習慣があることから、箸から箸へ食べ物を渡すことは死を連想させる行為として避けられています。
着物を左前に合わせて着せるのは縁起が悪い、といわれています。それは、死者に着せる着物を左前にすることから、今日の常識として伝わっています。
このように、死者に対して行うことは、普段の生活ではしてはいけないとされています。

例えば、人の箸から人の箸へと食べ物をつまんで渡すことは、骨を拾う際の動作「箸渡し(橋渡し)」を連想させますから×。湯船に水を先に入れ、お湯を足しながら適温にするのは「逆さ水」になるので×。

もともとは単なる迷信にすぎなかったことでも、現代では、これらは基本的なマナーとして一般に広く知られています。一般常識とされていますから覚えておくようにしましょう。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。