清め塩の歴史

神道葬儀では必ず祭壇に塩をお供えします
神道葬儀では必ず祭壇に塩をお供えします。
塩は生命を維持していくものに必要なものです。塩にまつわる逸話は世界各地に残されています。
キリスト教では旧約聖書の中に「あなたがたは地の塩である」と塩について触れられていますし、日本では「古事記」にイザナギのみことが黄泉の国で腐敗した妻の姿を見て逃げ帰った後、海水で清める「禊祓(みそぎはらい)」をしたという文が記されています。
日本人の祖先は、よくないこと、例えば天災や病気、事故などが起こった場合、目に見えるひとつの形として「塩をつかって清める」ことを行っていました。地鎮祭などの神事では必ず盛り塩が供えられます。習慣・習俗として代々伝わってきたものです。

店先に盛り塩を置くのは日本だけの習慣ではなく、中国でも行われています。今から1300年前の晋の時代、始皇帝は牛車に乗って後宮を廻るのですが、その際人々は始皇帝が自分の家の前を素通りしないで止まるように牛が好む塩をまいておいたそうです。この逸話がもとで、盛り塩は「客を招く」と言われ、店先に置かれるようになったと言われています。風水でも「福を呼ぶ」と盛り塩を置くことを提唱している専門家は多いようです。

一方、日常生活では食べ物を殺菌したり浄化したりするだけでなく、塩漬けや干物等の保存食を使用するのにも不可欠な塩。科学的に見ても安定した物質で腐敗もしないことから、法律で定められている賞味期限の設定も免除されているほどなのです。

ご遺体の腐敗の進行を遅らせるためにも使われていた塩ですから「不浄のものを清める」という意味があるのは習慣として理解できても、つい数日前まで生きていた人を「汚いモノ」扱いするのには抵抗がある、と疑問を持つ人も少なくありません。イヤな来客が帰ったときに「塩を撒け!」と追い払う光景を思い描くと、親しい人が亡くなったときに塩を撒くことにどういう意味があるのか考えてしまう人がいても当然です。

「清め塩はいらない!」という仏教と、「絶対必要」という神道、それぞれの考え方は次ページ