食堂、屋台なら注文もやっぱりタイ語で

日本人にも大人気タイ料理「パッタイ」(タイやきそば)
バンコク市内のレストランならほとんど英語が通じるのですが、庶民派グルメが楽しめる食堂や屋台は英語の通じるところが非常に少ないです。ですから、ぜひここでタイ語で注文することに挑戦してみませんか? まずは代表的な屋台で食べられるタイ料理の名前から覚えてください。

  • タイ・ラーメン:バミー

  • 米からできたヌードル:クイッティアウ
    ※注文の時には麺の種類を指定する
    セン・ミー(極細麺)、セン・レック(細麺)、セン・ヤイ(太麺)

  • ※スープ有り(ナーム)とスープ無し(ヘン)が選べます。(例:スープ無しラーメン:バミー・ヘン、スープありヌードル:セン・レック・ナームとなります)
  • タイ・やきそば:パッ・タイ

  • 青パパイヤのサラダ:ソムタム

  • 鶏肉の炭火焼:ガイ・ヤーン


  • 屋台が並んでいる市場はいつも活気がある

    料理の名前を覚えたらいよいよ注文です。

  • ○○をください/コー・○○K


  • ○○には料理や飲み物の名前が入ります。

  • 汁なしラーメンをください/コー・バミー・ヘンK

  • 汁ありヌードル(細麺)をください/コー・センレック・ナームK

  • 青パパイヤサラダをください/コー・ソムタムK


  • ※屋台や食堂でお腹の調子が悪くなってしまう人もいます。自分の目で見て、清潔で衛生的に安心できると思った店を選んでください。

    次のページでは「タイ料理が苦手」という人も好きになれるかもしれない魔法のタイ語(?)をご紹介。