サムイ島の白い砂浜でのんびりしていると、心もカラダの癒される
日本が夏の旅行シーズンを迎えるこの季節、残念ながらタイのほとんどのビーチは雨季を迎えます。雨季には雨季の過ごし方があるのですが、どうせいくならベストシーズンの季節を楽しみたいもの。今回は今まさにベストシーズンを迎えているサムイ島をご紹介します!

バンコクから飛行機で約80分、エメラルドグリーンの海と3億本の椰子の木が広がる美しい島サムイに到着します。サムイ島はここ数年で観光客の数も増え続け、プライベートプールのついたスタイリッシュなヴィラが続々とオープンしています。

リゾート開発が進んでいるとはいえ、椰子の木よりも高い建物を建てることが禁止されているこの島には、今もなお田舎風情が漂っていて、訪れる人に癒しと安らぎを与えてくれます。

それでは、サムイ島ではどんな楽しみ方があるのでしょうか? 他のビーチリゾートとの違いは? サムイ島ならではの楽しみ方をご紹介します。

【記事INDEX】
サムイ島の魅力その1:のんびり派もアクティブ派も楽しめる島
サムイ島の魅力その2:見所満載!サムイの観光スポットはココ
サムイ島の魅力その3:観光スポットだけでは飽き足らない方はこちら

ビーチでのんびりしたいリラックス派なら

「とにかく何もしないでのんびりしたい!」という、日本で忙しい日々を過ごしている人なら、サムイ島のビーチはぴったりです。島の宿泊施設のほとんどは、長く続く白砂のビーチ沿いに建てられています。ホテルの前のビーチには宿泊ゲスト用に、横たわることのできるデッキチェアとパラソルが置かれているので、そこでただひたすら海を眺めながら、読書やお昼寝を楽しんではいかがでしょうか? ホテルの中には、ビーチにサーラー(タイ式の休憩所)を設置して、そこでタイ古式マッサージを行うところもあります。読書や海で泳ぐことに疲れたら、波の音を聞きながら、タイ古式マッサージに身を委ねるという贅沢まで味わえます。

サムイ島の自然と歴史も満喫したいアクティブ派なら

サムイ島には海以外の自然も存分に楽しめる
一方、旅行好きなら「ビーチでのんびりもいいけど、サムイ島をもっと遊びつくしたい!」というアクティブ派の人も多いのでは? サムイ島には、そんな人の好奇心を十分満足させることのできる観光スポットが点在していて、どこもサムイ島の自然を満喫できるスポットばかり! 初めてのサムイ島なら現地発の日本語ガイド付き観光ツアーに参加することをオススメします。

島内には、日本のように電車やバスがなく交通の便がいいとは言えませんので、ツアー用の車の方が効率よく回ることができるからです。ガイドも今回、日本語ガイドさん付のツアーに参加してきましたが、ガイドブックを読むだけではわからないことをたくさん説明してもらいました。改めてサムイ島の自然や歴史に触れることができ勉強になりましたよ。

>>>見所満載!大自然を実感できる観光スポットは 次のページでご紹介。