塩蒸しにんじんのゴマ味噌かけとほうれん草の塩蒸し焼き
野菜はダイエットの最大のミカタ。ビタミンACE、フィトケミカル(健康に役立つ植物性の機能性成分)の供給源です。体調を整え、免疫力を高め、老化を防ぐことはわかるけど料理は……という方へ、絶対できる野菜レシピをガイドします。


おいしい野菜を食べていますか?

旬の野菜は実にうまい!旬以外でも料理はできますが、その野菜の持つ特徴を栄養面でも味、食感でも満足するには、旬の食材にはかないません。とはいっても技術や生産者そして流通の努力によって、さまざまな野菜がいつも選べる時代になりました。ダイエット時の栄養補給という点でおススメしたい食材をピックアップして、その野菜の本来のおいしさを100%出す「野菜はおいしい」と実感できるレシピをご紹介します。

レシピ1
そのままでご馳走!
サラダほうれん草の塩蒸し焼き

色鮮やかしかもうま味たっぷり、ほうれん草の塩蒸し焼き

塩をふりかけ、蓋をして蒸し焼きすること5分
<材料>
サラダほうれん草  1/2把
塩 ふたつまみ

<作り方>
1.サラダほうれん草は冷たい水につけてしゃきっとさせる。
2.水気をきったほうれん草を鍋に入れ、塩を振り掛ける。
3.ふたをして弱火で5分、いい匂いがしてきたら火を止め、器に盛り付ける。

*鍋によって蒸し焼きができる時間は違いますが、色をよく仕上げたいときは5分ぐらいがおススメです。土鍋は火のとおりがやわらかく、野菜のおいしさがよく引き出せると思います。

*葉物野菜は買ってきたら根元を切り、2分ほど水につける。水気を軽く切り、袋に入れて冷蔵庫に立ててしまいます。
すると、使うときにはシャキン!としたとても元気な野菜に戻ります。
使う20分前でもぜひ、水につけることをやってみましょう。
加熱する場合もみずみずしい野菜が熱のとおりもよく、色も食感も上出来に仕上がります。