湯のフレッシュさに驚いた小浴場

大きな写真をクリックすると、次の写真に進みます。
桶屋旅館
三朝温泉の湯の良さを思い知った小浴場
名物の天然オンドル式内湯は夜から女湯になり、小浴場が男湯になります。小浴場は足元湧出温泉ではないので、最初はあまり入る気がしませんでした。

翌朝になって、念のために入って驚きました。お湯が素晴らしくフレッシュに感じたからです。三朝温泉はラジウム泉でありながら、食塩泉の要素もあるので、もともと浸かり心地が良い湯です。それにしても、湯船が狭いせいか、特筆すべき湯の良さを感じ、宿の人に源泉はどうなっているのか聞きました。

宿の人が言うには、町が給湯している温泉の引き湯とのことでした。それを聞いて、私は余計に驚いてしまいました。三朝温泉の湯が良いことは十分に知っていたつもりですが、普通に町が給湯している温泉ですら、ここまでの名湯とは。私は言葉を失うとともに、もともと好きだった三朝温泉が、一層好きになりました。

→次ページでは、宿泊施設としての桶屋旅館を紹介します!>>>