南紀白浜温泉は、道後温泉、有馬温泉とともに、日本三古湯(にほんさんことう)と呼ばれる、伝統のある由緒正しい名湯です。

白浜温泉の湯の良さは、白浜温泉外湯めぐり の共同浴場を巡れば、すぐに分かります。さらに、湯めぐりを続けて行くと、場所によって源泉が異なり、お湯を比較する楽しみこそが、白浜温泉の醍醐味だと実感するに違いありません。

このように、白浜温泉の湯の良さを知れば、温泉好きなら泊まって堪能することを考えたくなるもの。そして、折角泊まるのであれば、宿泊者専用の南紀白浜ゆめぐり札 を購入して、湯めぐり出来る宿に泊まることで、白浜温泉の素晴らしさを一層知り尽くしたいものです。

今回は、南紀白浜ゆめぐり札 が使える宿から、温泉浴場自体の満足度で選んだ三軒の宿を紹介します!

白浜館で名湯の成分を視覚的に堪能!

白浜館内湯
温泉成分で壁の岩がコーティングされて、まるで鍾乳石のような風情。老舗旅館の伝統と湯の良さを、視覚的にも堪能できる白浜館の男子大浴場。

白浜館露天
紀州といえば梅の産地。その梅を漬ける樽を露天風呂に活用。徳川吉宗も幼少の頃に当地にて、同様の方法で入浴した言い伝えがあるとか。
白浜館は白良浜海岸にも近く、町の中心部に位置しているので、湯めぐりに便利なロケーションが魅力の宿です。

じつは白浜館は、ガイドが白浜で始めて泊まった宿でもあります。昔からガイドブックに載っている老舗宿なので、温泉も期待出来ると考えたのです。その期待に見事に応えてくれたのが、この大浴場です。岩の風格だけでも相当なものですが、温泉成分が析出して、鍾乳石のようにコーティングされた風情に圧倒されます。

白浜温泉の湯は、硫黄臭がほのかに香り、重曹のすべすべ感と食塩の濃度感を感じる、三者のハーモニーの素晴らしさが特徴です。お湯が透明ですし、温泉の香りも強くは無いので、お湯の印象は強烈ではありません。しかし、実際には猛烈に素晴らしい名湯であり、その猛烈さ、お湯の本当の力強さを視覚的にも感じることが出来る、老舗旅館ならではの浴場と感銘を受けました。

白浜町統一温泉表示形式
どの宿にも「白浜町統一温泉表示形式」の掲示があるので、信頼感もあるし、比較する楽しみも増す。湯めぐりが一層楽しくなる地道な努力に対して、温泉好きとして拍手を送りたい。※写真はクリックで拡大。
今回、温泉めぐりをしてみると、どの宿にも「白浜町統一温泉表示形式」と書かれた掲示があり、温泉素好きが必要とする情報が端的に整理されていて好感を持ちました。

今回紹介する宿は、源泉掛け流しの浴槽を持つ宿ばかりですが、外気温に応じて加水すると掲示されていました。これからの涼しい時期、寒い時期には加水が少なくなると思われます。源泉にこだわる温泉好きの方には、一層お勧めの季節になります。

■交通アクセス情報
  • 白浜館
  • 住所 和歌山県西牟婁郡白浜町白良浜1379
  • 電話 0739-43-5151
  • 日帰り入浴 14:00~17:00 1,000円
  • 南紀白浜空港から車で約10分
  • Yahoo!地図

→次ページでは、自家源泉を堪能出来る宿を紹介します!>>>