あわらの宿八木は、誰にでも安心してお勧め出来る温泉旅館です。

あわらの宿八木の夕食
あわらの宿八木のかに料理は、次ページで紹介!
越前がにの名湯、芦原(あわら)温泉は弱食塩泉のやわらかな湯で、万人に向く温泉地。

自家源泉のお湯はもちろん、ゴージャスな設備とリーズナブルな料金が、あわらの宿・八木の魅力なのです。

あわらの宿八木の美しく快適なパブリックスペース絵になる館内で、ついつい記念撮影

あわらの宿八木 ラウンジ
居心地の良い雰囲気に満ちた、吉祥館のラウンジ

あわらの宿八木 湯上がり処
湯上がり処も大変に美しく、風呂に入る前から一休みしてしまう程。
高級な旅館が多い芦原温泉ですが、あわらの宿・八木の吉祥館(新館)は、屈指の美しさと快適性を誇っています。大浴場を中心としたパブリックスペースの多くが吉祥館にあるので、リーズナブルな本館に宿泊しても、この快適さを十分に堪能出来ます。

私はいつも思うのですが、温泉好きにとっての老舗宿の魅力とは、リーズナブルな本館に宿泊しながらも、温泉を中心とした充実のパブリックスペースを、フル活用出来ることにあるのではないでしょうか?

その意味では、あわらの宿・八木はまさに最適。館内至るところが絵になるので、ついつい記念撮影してしまう程。実際ガイドも、かなり写真を撮ってしまいました。宿に泊まるだけで、このようにワクワクした気持ちにさせてくれるのは、旅行全体の印象を左右する大事な要素だと思います。

循環併用式ながら温泉好きも納得の内湯露天風呂は小ぶりながら気分爽快

あわらの宿八木 露天風呂
小ぶりながら爽快な印象を受ける、あわらの宿八木の露天風呂。

あわらの宿八木 内湯
あわらの宿八木の内湯は循環併用式。泉質も良好で温泉好きも納得。
芦原温泉は弱食塩泉が中心の温泉地です。源泉掛け流しの宿は少数派で、多くの宿が循環または、循環併用式です。あわらの宿・八木の内湯も循環併用式。温泉好きの間では半循環とも呼ばれるように、掛け流しの要素もありますので、お湯の状態が良い場合がある方式です。実際、弱食塩泉のまったりとした入浴感をしっかりと感じ取れる上に、温泉らしい湯の香も感知出来る内湯で、温泉好きも納得できる湯の質感でした。

露天風呂は基本的に掛け流しのように見えました。しかし、内湯の湯よりは湯の個性が弱いように感じました。自家源泉が四本あるので、使用されている湯自体が微妙に異なる可能性があると思いました。小ぶりながら爽快な印象を受ける露天風呂で、内湯との湯との比較をあれこれ考えるのも面白く、好印象でした。

この他にも、時間帯で男湯になったり、女湯になったり、有料の貸切風呂になったりする新設の浴場や、足湯もあり、温泉の面でも充実です。

→次ページでは、宿の夕食を紹介します!>>>