二岐温泉は秘湯にして名湯です。日本にはそうした温泉が数多くありますが、その代表格が、福島県の山間部にある二岐温泉。造語「秘湯」発祥の地とも言われる人里離れた温泉です。近年、温泉に通じる県道が改良され、ようやく片側一車線の舗装道路になりました。

渓谷が美しい川沿いに、数件の宿がひっそりと点在。そこに、温泉好きにとっては宝石のように素晴らしいと感じる、自噴岩風呂と露天風呂があるのです。自噴岩風呂とは、岩の割れ目から温泉が噴出している所を、そのまま風呂にしたものです。つまり、湯船の中に源泉がある足元湧出の温泉であり、源泉の湯をダイレクトに堪能出来るので温泉として理想的なのです。

孤高の漫画家つげ義春ゆかりの温泉宿もある、二岐温泉を代表する自噴岩風呂や露天風呂をを、厳選して紹介します。

二岐温泉柏屋旅館の自噴巌風呂は、ガイドのいちおし!

二岐温泉柏屋旅館全景
二岐温泉の川の対岸より柏屋旅館の全景を望む。左下の黒い屋根が名物の自噴巌風呂
二岐温泉柏屋旅館の玄関は最上階にあるので、道路からは小さな宿に見えますが、実際には四階建ての近代的な宿です。温泉は全て一階にあり、エレベータで下りて行きます。長期滞在の湯治客が多く、昼間でも駐車場が満車に見えることがあるので、フロントに車を停められるか尋ねてみてください。
二岐温泉柏屋旅館歩道
二岐温泉柏屋旅館の自噴巌風呂へ続く屋根付きの歩道。渓谷の美しさを満喫しながら名湯に向かう。
まずは、この宿の名物である自噴巌風呂へ。しかし、湯治客にも大人気の為、歩道の入り口にスリッパが沢山あったら、他の風呂に先に行きましょう。

専用のサンダルに履き替えて歩道から見る渓谷は、素晴らしい美しさ。この土地の自然の豊かさを改めて感じさせてくれます。
二岐温泉柏屋旅館自噴巌風呂1
二岐温泉柏屋旅館の迫力ある自噴巌風呂の風情。一流の名湯は、一流の風情を伴う。
本当に良いものは「ひとつ」しかありません。自噴巌風呂も一つだけ、つまり混浴になります。脱衣場も一つなので、混浴に慣れていない女性には少しハードルが高いかもしれません。しかし、ほのかに石膏臭を感知する湯も、名前通りの岩壁の風情も最高なので、是非入って頂きたい名湯です。
二岐温泉柏屋旅館自噴巌風呂2
岩の割れ目から熱い湯が自噴している。湯治客が昼食を取っている正午前後が比較的空いている。
私は男性ですが、じつは混浴が苦手です。女性が居ると目のやり場に困るので、混雑度合いを確認し、比較的空くであろう時間帯を推測して入るようにしています。柏屋は連泊の湯治客が多いので、10時を過ぎても風呂場は結構混雑しています。しかし、昼時には部屋に戻って食事を取るようで、風呂も空いて来て狙い目の時間帯といえます。
二岐温泉柏屋旅館露天風呂1
露天風呂へは川の対岸に渡る。橋の右側が男性用露天、女性用は左側。
露天風呂へは内湯の脱衣場からサンダルに履き替えて行きます。露天もなかなか人気があり、しかも皆さん結構長湯です。男性用露天は内湯の窓から見れば混雑状況が分かるので、先に内湯に入って露天が空いてから行くと良いと思います。
二岐温泉柏屋旅館露天風呂2
緑を存分に楽しめる男性用露天風呂。とても穏やかな景観で、名湯をのんびりと満喫出来る。

実際に浸かってみると実に気持の良い露天風呂で、みんなが長湯するのも納得です。やや温めながら温まる湯なので、半体浴で風に吹かれていると自然を直接感じた気がします。遠くに自噴巌風呂への歩道も見えるので、巌風呂の入浴者が増加傾向なのか減少傾向なのかも大体分かり、次の入浴予定を考えながら浸かるのも楽しいものです。

■交通アクセス情報
  • 柏屋旅館
  • 住所 福島県岩瀬郡天栄村大字湯本字下二俣22-6
  • 電話 0248-84-2316
  • 日帰り入浴 10:00~15:00 500円
  • 福島空港から車で約1時間30分
  • Yahoo!地図
→次ページ以降、二岐温泉の名湯をさらに二軒紹介します!>>>