霧島いわさきホテルや霧島ホテルなど、霧島温泉の観光ホテルは、その昔、坂本龍馬が新婚旅行に来た程の、歴史ある温泉地です。

宿は既にホテルに建て変わっていますが、お湯は昔から変わらぬ名湯。浴槽のスケールが大きい施設では、温泉の湯が大味に感じてしまうことが多いものですが、元の泉質が良好な為何の問題もありません。霧島温泉の代表的なホテルの名湯を、ガイドが厳選して紹介します!

霧島いわさきホテルは、緑渓湯苑と本格硫黄泉が魅力的!

緑渓湯苑
霧島いわさきホテルの緑渓湯苑は、期間限定(冬季閉鎖)の露天風呂。
霧島いわさきホテルは、霧島温泉郷のガイドのいちおし。じつは霧島温泉郷は、郷の名が示す通り温泉の集合体。霧島いわさきホテルも、以前は林田温泉と呼ばれ、さらに古くは栄之尾温泉と明礬温泉という二つの温泉だった場所。ホテルの通路に昔の写真が展示してあり、歴史と伝統を感じさせます。

緑渓湯苑
霧島いわさきホテル緑渓湯苑。小川を中心に露天風呂がワイルドに点在する。水着着用の混浴温泉なので、家族、グループで楽しめる。
ホテルから少し川沿いに遡った、旧栄之尾温泉の場所にあるのが緑渓湯苑です。詳細は次のページで説明しますが、じつはここ、坂本龍馬も来ている程の、歴史のある温泉。

緑渓湯苑は、冬は閉鎖になるような山奥なので、本当にワイルド。露天風呂というより野天風呂という言葉が似合います。男女別ではないので水着着用で入る風呂です。通常水着で入る温泉はプールのように温い場合が多いのですが、ここは各種の温度の湯があり、熱めの湯や、硫黄を強く感じる湯船もあります。名前通り一面の緑に囲まれているので、癒される場所です。時間に余裕を持って十分に満喫したい露天風呂です。

霧島いわさきホテル御山の湯
霧島いわさきホテルの大浴場御山の湯。名湯を一人用の小さな湯船で満喫。
私が霧島いわさきホテルに初めて泊まった時は冬で、緑渓湯苑は閉鎖されていました。しかし、大浴場御山の湯も泉質的に良く、また泊まりたいと思ったものです。御山の湯の大きな露天風呂も良いですが、いちおしはこの小湯船。温い温泉が掛け流しになっていて、泉質も良好。女湯側には同様の湯船が二つもあります。

霧島いわさきホテル小浴場
宿泊者専用の小浴場は、湯も風情も良好。
友人が絶賛していた宿泊者専用の小浴場の湯。確かに良い湯ですが、個人的には御山の湯の一人用湯船や、緑渓湯苑の熱くて硫黄の強い湯船の方が気に入りました。人によって好みの泉質が多少違うのも事実でしょう。その意味でも、これだけ名湯が揃えば、自分好みの湯も見つかるはずです。

霧島いわさきホテル 夜の緑渓湯苑
夜の緑渓湯苑ツアーは宿泊者専用。昼間に一度行って土地勘をつかんでから訪れたい。
緑渓湯苑は宿泊者のみ夜も入れます。夜は流石に徒歩で行くのは危険なので送迎が付き、専用の浴衣も貸し出されます。山奥の大自然に抱かれた岩風呂で、昼間でもやや物寂しい感じがする場所ですから、率直に言って夜は少し肝試し的な印象も受けると思います。しかし、それは土地勘が無いからであって、昼間に一度来て、緑の露天の爽快な印象を持って夜も再度行けば、夜は独特の風情を味わうことが出来ます。

最初は次の送迎バスで帰ろうかと思っていたのですが、慣れるとなかなかユニークな風情が良く、送迎バスを一本見送って満喫しました。先客が帰って次の送迎バスが来るまで貸切状態になったので、専用の浴衣を脱いで裸で名湯を堪能することが出来ました。

■交通アクセス情報
→次ページでは、あの坂本龍馬が新婚旅行で泊まった宿を紹介します!>>>