推薦入試に向く受験生と、向かない受験生があるのをご存じでしょうか。今回は、A君、Bさん、C君の3人を例に、シミュレーションしてみました。

我が子は内申タイプか?実力タイプか?

■A君
あまり勉強しなくても良い成績がとれるタイプ。国語が特に得意で、苦手な教科はない。内申点(通知表の9科の合計点)が33で、模試での偏差値は60。

国 社 数 理 英 技 美 体 音  計
 5  3  4  4  4  3  3  4  3  =  33

■Bさん
まじめにこつこつ勉強するタイプで、定期テストの成績や授業態度が特に良い。そのため内申点がやや高めで38。しかし実力テストになると力が発揮できないことが多く、特に数学と理科が苦手。模試での偏差値は53。

国 社 数 理 英 技 美 体 音  計
 5  4  3  3  5  4  5  4  5  =  38

■C君
勉強は自分で進んでする方ではなく、人に言われてからやるタイプ。授業態度は普通だが、宿題を出さないことが多々ある。英語と国語が苦手で、数学はまずまず。内申点は29で、模試での偏差値は48。

国 社 数 理 英 技 美 体 音  計
 3  3  4  3  3  3  3  4  3  =  29

それでは、具体的にこの3人の推薦入試の向き不向きをシミュレーションしてみましょう。

推薦入試に向く受験生とは?

一般的に、私立高校の推薦入試は「合格させる入試」なのに対して、公立高校の推薦入試は「落とす入試」と言えます。

どちらの場合も、まず必要なのが志望校に見合うだけの十分な「内申点」です。その点では、まずBさんが推薦入試に向いていると言えるでしょう。

Bさんの場合は、模試のような実力テストに弱いという意味で、一般入試で受験するにはやや不安です。とは言っても十分に高い内申点があるので、公立・私立を問わず推薦入試に向いていると言えます。

このBさんのように、実力よりも内申点の方が高めのタイプは「内申タイプ」と言え、最も推薦入試に向いている生徒と言えます。

では、次に推薦入試に向いているのはA君とC君のどちらでしょうか。

一見すると、A君と思われがちですが、実はC君の方が推薦入試に向いていると言えます。理由は苦手な教科が多いからです。

C君の場合は、内申点がそれほど高くないため、公立高校の一般入試では不利になってしまいます。また、苦手な教科が多いので、一般入試での学科試験の点数もそれほど期待できません。ならば、いっそうのこと中堅の私立高校の推薦入試を受けた方が得策と言えます。

このように推薦入試は、単純に内申点が高い生徒の方が向いているというわけではありません。実力よりも内申点が高い「内申タイプ」が向いていると言えるのです。

次は、推薦入試に向かない受験生です。