虫刺され予防のアロマ

ダニやノミ、蚊などの虫に刺されることを防ぐのも、エッセンシャルオイルの自然の力を拝借。環境にも肌にも優しく、赤ちゃんやペットにも安心なんです。

虫刺されを軽減する効果が一番に強いと言われているのが『シトロネラ』という柑橘系のエッセンシャルオイル。

アウトドアグッズでも、このシトロネラを使ったアロマキャンドルが販売されているほど、防虫効果が注目されています。

刺されてからの対策よりも、お部屋に寄せ付けない対策が重要!

水道水や精製水を張ったアロマポットに、シトロネラのエッセンシャルオイルを数滴垂らして炊きます。

お部屋中に行き渡るよう、風上(風の入りくち)に置くと更に効果的です。火が消えたり他のものに燃え移ったりしないように注意してください。

「小さい子供やペットがいるし、火を使うアロマポットはちょっと…」という方、野外でも虫さされ対策したい時は、スポーツなどに使うバンドにシトロネラのエッセンシャルオイルを数滴垂らして、身に着けておくと防虫効果が期待できます。

ハンカチなどに垂らして持ち歩くもの効果的です。

このシトロネラは、布に付くとシミになるので、シミがついても良い布などに振りかけて利用してください。

その他エコな害虫対策・駆除

【ガイドおすすめ】殺さず、遠ざける…『うる月桃香+琉球ガラス香炉セット』。インテリアになるしエコでオススメ。クリックでAll Aboutスタイルストアへ。
ガーデニングなど、植物についてしまった害虫の駆除も、エコな方法があります。

ナメクジ…やはり安全で確実なのは塩。本当に溶けてなくなります。

アブラムシ…牛乳をスプレーボトルに入れてスプレー。または植木鉢ごと何かのケースに入れ、その中に捕獲してきたテントウムシを入れると全部食べてくれます。アブラムシがいなくなったらテントウムシは放してあげてください。アブラムシがいないと生きられません。

アリ…ワカメの煮汁をアリの通り道やアリの巣付近にかけます。

ハダニなどのダニ類…濃いコーヒーを冷ましてスプレー



【注意事項】
※アロマポットを炊くときは、カーテンや布製品への燃え移りで火事の原因になってしまうことがあります。火の元に注意し、周囲に燃え移りそうなものがないこと、小さなお子様やペットの近くで使わないことをお気をつけ下さい。

※エッセンシャルオイルは、妊娠中や授乳中などには使ってはいけないときがあります。特性を十分にご理解の上使用してください。

※「~に効果がある」等の記述はガイドの体験によるもので、エッセンシャルオイルの効果などは科学的に実証されていないこともあります。ご理解の上使用してください。



【関連・参考リンク】
自然の力で!エコ家事流ゴキブリ駆除(from,All About[エコ家事]ガイド記事)…お子さんにも安心して使えるオススメの”蚊が嫌うアロマ”のご提案。ステキな蚊除けグッズも合わせてご紹介します。

安心素材が嬉しい!親子で使える蚊撃退法(from,All About[アロマテラピー]ガイド記事)

ダニ知らずの住まいを目指せ!(from,All About[住まいを考える]ガイド記事)…ああ、考えただけでも痒いダニ、増やすも減らすも住まい手のアナタ次第! ダニ被害を極力減らすテクニックを集めてみました。

蚊を寄せ付けない 蚊除けスプレーの作り方(from,All About[アロマテラピー]ガイド記事)…そろそろ憎き蚊の攻撃が憂鬱な季節。蚊を寄せ付けないアロマ・蚊よけスプレーの作り方です。

自然農薬を使ってみよう!(from,All About[ガーデニング]ガイド記事)…病害虫が発生しやすい季節になりました。ハーブや野菜など、化学農薬を使うことがためらわれる場所に、自然農薬を取り入れてみませんか?

梅雨の庭、病害虫注意報!(from,All About[ガーデニング]ガイド記事)…日本独特の季節である「梅雨」。このシーズンは、病害虫が発生しやすくなります。有効な対策方法を身に付け、大切なお庭を病気や害虫から守りましょう!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。