環境に配慮しないで生活していると、自分の飲む水や吸う空気が汚くなるということを忘れないで。
エコ&ロハスを心がけて生活していると、ゴミの分別は必須条件として日頃当たり前のようにやるようになり、手間だと思ったり面倒だと思ったりするようなこともなくなってきます。

でも他のお宅に伺って分別のやり方を見たり、ゴミ集積所の半透明のゴミ袋の中身が見えると、意外ときちんと分別している人というのは少ないんだなぁと思います。例えばアメの入っている2cmほどの小さなプラの袋まで分別しているのを見て「すごい」と言われてしまう現状…。神経質にさえ感じられてしまうような状況です。

ゴミの分別は神経質でやっているのではなく、環境のため、ひいては自分のためになることだし、アメの入っている袋ひとつでも、可燃ゴミに捨てると「気持ち悪い」と思いませんか?

エコライフのキーワードは「気持ち悪い」ではないかとさえ思います。「何が入っているか判らないものを食べる→気持ち悪い→じゃあ手作りしよう」「その辺の道端にゴミをポイ捨てする→気持ち悪い→じゃあ持って帰ろう」「ゴミを分別しないで捨ててしまう→気持ち悪い→じゃあ分別しなおそう」。この「気持ち悪さ」は感受性の高さで、生活意識の高さではないかと思います。

今回は、ゴミの分別、軽減、かさを減らす方法を考えていきましょう!

まずはゴミを減らす努力


ゴミは何もしないで出てくるものではないことを自覚しましょう。何かを買えば、ビニール袋や包装のビニール、説明書の紙、使いきった容器など、たくさんのゴミが出ます。全部がリサイクルに回るものを選ぶ、という方法もありますが、出来るだけゴミの点数が出ないものを選ぶのが最良です。

自治体によってゴミの分別、リサイクルの方法は違います。自治体のゴミの分別方針によって、購入する商品の種類を決めるということも必要かもしれません。

例えば、ガイド宅を例に取ると、東京都世田谷区では「廃プラスティック→【プラ】」はリサイクル対象物ではないようで、不燃ゴミとして回収され、恐らく埋め立て処理されているのではないかと思います。

これは自治体によっては不燃ゴミ扱いではなく、【プラ】は【プラ】だけで回収され、リサイクルに回されます。

強力粉の袋も、同程度の値段ならリサイクル出来るほうを選ぼう。
ですから、ガイド宅のように【プラ】が不燃ゴミ扱いの場合は、例えばプラ容器に入っている商品は買わないようにする等の努力が必要だと思います。

それから、個別包装になっている商品と、そうでない商品があったら、個別包装になっていない商品を選ぶ、というのもゴミ軽減の第一歩です。

そして、自分で作れそうなものは何でも手作りしてみる、というのも手。手作りの餃子の皮等、手間が少し掛かりますが本当に美味しいですよ!!ゴミが出なくて、作りたてを食べられるって快感ですよ!


次のページでは、細かいところの分別方法とごみを小さくする方法をご紹介しています>>