肌の状態をしっかりチェックして化粧水で保湿

「自分の肌を管理できるのは自分だけ」です。毎日していると、手のひらがあなたの肌の違いに気付いてくれるはずです。
「自分の肌を管理できるのは自分だけ」です。毎日していると、手のひらがあなたの肌の違いに気付いてくれるはずです。
洗顔後の肌は皮脂がとられ、角質にある水分も蒸発しやすい状態になっているので、できるだけ早く水分をおぎなってあげることが大切です。でもその前に、手のひらで自分の肌の状態をチェックしましょう。乾燥している部分はどこか? 逆にべたつきが気になる部分はあるか? など。「自分の肌を管理できるのは自分だけ」です。毎日していると、手のひらがあなたの肌の違いに気付いてくれるはずです。

それが済んだら化粧水を手にとって、しっかりたっぷり水分を与えていきます。ここで是非行って欲しいのが、化粧水の3回付け。やり方はとっても簡単です。洗顔→化粧水→(浸透タイム)→化粧水→(浸透タイム)→化粧水を行うだけ。浸透タイムは歯磨きをしたり、ボディケアなどをしていれば、時間のないときでも無駄なく過ごすことができます。1回付けるごとに、手のひらでプレスすると浸透力がUPします。

次のページでは乳液(クリーム)のポイントを紹介します。