カナダ31歳からの再チャレンジ

アイスワインの収穫
アイスワインをつくるため自らが葡萄を収穫する滝沢さん夫婦
写真提供:わいん@カナダ
一度すべてがゼロになった、という滝沢さん。カナダで再チャレンジをしようと考え、98年、念願かなってカナダに会社を設立。翌99年に、妻と犬を伴い、ケロウナに移り住みました。日系人も含めると、900人近くの日本人コミュニティーが形成されているケロウナに、滝沢さんはついに根をはることになります。

「まずはチャレンジしなくては始まらない」との言葉のとおり、滝沢さんは、起業移民として移民ビザを取得。毎年の決算は、ビザ保有のための大切な数字となるので、気を抜くわけにはいきません。

気候が温暖なオカナガン地方は、90年代から果樹産業がさかんになり、今では、ビンテージワインの名だたる産地として広く知れ渡るようになりました。ウェブサイトわいん@カナダを通しての直販はもちろん、カナダ三井物産との業務提携や、大阪御堂筋のアンテナショップ(直営店)オープンなど、滝沢さんの仕事も広がりをみせています。
また、ケロウナの紹介はもとより、カナダ暮らしや海外移住をテーマにした執筆やマスコミへの出演依頼も多く、活躍の場が増えているとのこと。彼は、知るひとぞ知る移住スペシャリストなのです。


昨年、カナダ主要25都市の経済指標のなかで、ケロウナの不動産価格上昇率はもっとも高く、全国第一位だったといいます。ファイナンシャルプランナーも取得している滝沢さん。近く、30代・40代向けカナダ移住の本を、日本で出版する予定です。

【関連記事】
JICAが認めた優良移住者inバンクーバー [from AllAbout 海外移住]
ひとりで住みやすい海外ランキングBEST5 [from AllAbout 海外移住]
【関連リンク集】
カナダ>北米・中南米>各国INDEX [from AllAbout 海外移住]
海外起業・ビジネス移住・駐在員 [from AllAbout 海外移住]
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。