「fish(魚)は複数形もfish」ということは、学校で習ったのではないでしょうか。英語にはこのように「数えられない名詞」といって、単数・複数を区別せず、常に単数形または複数の形で使う名詞があります。今回は、この「数えられない名詞」について見ていってみましょう。

「荷物2個」はtwo luggagesじゃない?!

 luggage
何個あっても常にluggage
■Q 空港のチェックインカウンターで、How many pieces of luggage do you have?(荷物はいくつありますか)と聞かれたので、I have two luggages.(荷物2つです)と答えました。でも、後で辞書で見たら、「luggagesとは言わない」とあったんです。じゃあ、荷物が2個以上あるときは、何て言えばいいんでしょうか?

■A luggageは「荷物」ではあるのですが、「荷物が1個」と考えるのではなく、「荷物類」という一種の概念なのです。だから、スーツケースがいくつあってもそれはluggage、1つ1つ数えるなら、two suitcases(スーツケース2個)、3 bags(カバン3個)といったようにしなければなりません。では、How many pieces of luggage do you have?への答えはというと……?

■I have two.
(アイハヴトゥー/2つです)

でOKです。ちなみに私はたいてい1個なので、Just one.(ヂャストワン/1個だけです)と答えることにしています。

英語ではこのように、「概念」を指す場合には、複数形にしない語があるのです。会話の中では「最後にsをつけるのもつけないのも、大差ない」と思うかもしれませんが、例えば荷物が何個もあるつもりでluggagesといっても、相手は正しく理解してくれないかもしれません(ちなみに、baggageも使い方は同様です)。

そんな思いがけない勘違いを引き起こすかもしれない名詞を、さらに次のページでチェックしましょう。