夫の浮気を見つけてしまったらショックですよね。今回の記事では、浮気を見つけたときに何をするべきかについて、法的な観点からアドバイスをしたいと思います。

浮気を問い詰める前に

浮気を問い詰める前に
すぐに浮気を問い詰めるのも良いですが、ここはひとつ冷静に考えて見ましょうか。
「夫のワイシャツをクリーニングに出そうとしたら、口紅がついていた。」

あまりにもベタな浮気発覚の端緒ですし、実際はこういうケースは少ないかもしれません。むしろ、夫が若い女性と手をつないで歩いているのを友人が見たとか、女性宛の親密なメールをたまたま見てしまった、なんてケースが多いでしょうか。いずれにしても、浮気がわかった場合、すぐに夫を問い詰めても良いのですが、その前に以下のようにきちんと計画を立てたほうがよいでしょう。

今後も夫婦生活を続けたい場合

今後も夫婦生活を続けたい場合、浮気に気づかないふりをして、ひたすら我慢する方もいると思います。他方、浮気は絶対に許せないし、もしも今度また浮気をしたら絶対に離婚してやるけれども、今回に限って許してやろうと思う方もいるでしょう。「次はないぞ」ということですね。

でも、浮気をする男の多くは、浮気を繰り返してしまうことが多いように思います。問題は、それをどうやって、止めるかです。もちろん、強制的に浮気をできなくすることなどできません(阿部定のように局部を切り取れば別ですが・・・)。ただし、どこまで効果があるかはわかりませんが、心理的に浮気をしづらくする方法はあります。

それは「こんど浮気をしたら、毎月○○万円を支払います」というような念書にサインさせる方法です。詳しくは、「浮気したら毎月30万円支払え」は有効?をご覧ください。

次のページでは、離婚を決意した場合に準備することについてご説明します。