課長
課長になると残業代が出ない!?そんなことあるの!?
会社勤めをしている方だったら、昇進して役職が上にあがることは誰だって嬉しいことですよね!

でも、課長、部長という管理職の肩書になった途端に残業代が出なくなってしまうとしたらどう思いますか?今回は、課長以上の管理職の肩書であっても残業代が会社から支給されるのかについてご説明しましょう。

たとえば以下のケースを例に見ていきましょう。

ある会社の課長職のAさん。残業が続いたため、会社に対して残業代を支払ってほしいと請求したところ、「就業規則にも書いてあるとおり、課長以上の管理職に残業代は出ません。その代わり管理職手当を支払っています。」と言われてしまいました。

Aさんは課長という肩書ではあるけれど、平社員と同じように時間管理されていて、出社時と退社時にタイムカードを打刻しています。しかも、管理職手当は少額すぎて平社員に支払われている残業代よりも少ない状態です。

このような場合でも、役職が課長以上になってしまうと、残業代は一切支払われないのでしょうか?

労働時間は1週間40時間・1日8時間以内が原則

労働基準法では、従業員の労働時間は、1週間40時間1日8時間以内(休憩時間は除きます)に制限されています。

そして、従業員が、この時間を超えて働いた場合には、会社は通常の賃金の1.25倍以上の割増賃金を残業代として支払わなければなりません。

管理監督者に対しては残業代を支払う必要なし!なぜ?

他方で、「管理監督者」に対しては残業手当や休日出勤手当を支払わなくても良い、と労働基準法は定めているのです(ただし、深夜勤務手当は支払う必要があります)。

どうして管理監督者には残業手当や休日出勤手当てを支払わなくていいかというと、管理監督者というのは、自分の職場での時間管理について裁量権を与えられているし、経済的にもそれなりの待遇を受けているので、法律によって労働条件を定めてまであえて保護する必要はないと考えられているからです。