仕事から戻って、すぐキッチンに立つ! という人、共働きには多いんですよね。仕事でぐったりしていても、家族のすきっ腹は待ってくれない。短時間で栄養たっぷりの料理を簡単に準備したい! と考えるのは、忙しい人たちの永遠のテーマですよね。
そこでガイドから提案! 圧力鍋を活用してみませんか。普通に煮込み料理に活用するのもOKだけど、今回は圧力鍋の「蒸しテク」に大注目! そう、栄養価が高いと注目度急上昇の蒸し料理が、圧力鍋ならたったの数分で簡単にできちゃうのですよ。さらに、蒸しの過程を利用して2品を一度で作っちゃおう! というお得テクを今回はご紹介します。短時間で2品が作れちゃうから、時間も光熱費も大幅に節約。不況時代を乗り切る、賢いキッチンの知恵。ぜひ試してみてね。

・・・INDEX・・・■ まずは基本の蒸し野菜に挑戦!■ 蒸し鍋+栄養たっぷりスープが5分でできちゃう!

まずは基本の蒸し野菜に挑戦!

圧力鍋は忙しい人の大きな味方です!
圧力鍋は忙しい人の大きな味方です!
今回使用するのは、写真のT-fal クリプソモデューロ。大きな特徴は、蒸しかごがついてくること。この蒸しかごを利用することで、圧力鍋での蒸し料理が簡単にできてしまいます。お手持ちの圧力鍋を利用する場合は、市販のステンレス製の蒸しかごなどをセットして使ってくださいね!

さて、ではこの蒸しかごを使って、まずは基本の蒸し野菜を作ってみましょう! 忙しいとつい生野菜ばかりが食卓に上って、根野菜や緑黄色野菜の登場は減ってしまうもの。短時間でまとめて野菜を蒸して、温野菜サラダにして、不足しがちな野菜をたっぷり取りたいものです。

蒸した温野菜は栄養たっぷり。圧力鍋なら2分あればOKです!
蒸した温野菜は栄養たっぷり。圧力鍋なら2分あればOKです!
まず、写真のように蒸しかごに野菜を並べて入れます。なるべく均一に火が通るように切るのがコツで、これは何度か試して勘を働かせて。用意ができたら、圧力鍋に水を入れて沸騰させます。このときに、ガイドからちょっとしたコツ!
ここで入れる水でスープを作っちゃいましょう。そう、スープを沸騰させて、野菜を蒸す。結果、スープと温野菜サラダができちゃう。忙しい人にぴったりの二段調理です。

スープ用に人数分の容量の水を入れ、たまねぎやベーコン、白菜の茎など手ごろな野菜や、ベーコンなどを入れてコンソメを入れます。これを沸騰させてから、最初に準備した野菜のかごをセット。蓋をして加圧します。加圧時間は野菜の種類と大きさによって加減をして。目安としては

・アスパラガス、スナップえんどう、パプリカ、ズッキーニ、キャベツなど
→2~3分加圧
・ブロッコリー、カリフラワー、かぼちゃ、れんこん、ごぼうなど
→4~5分加圧

(ティファールのレシピブックでは2分となっていますが、野菜の切り方や
種類によって違ってきます。この分数はガイドがあれこれ実験した結果の
調理時間ですが、何度か試して各家庭での好みの調理時間をみつけてね)


加圧が終わったら、火を止めてダイヤルを回して急冷させます。加圧状態が解除されて蓋を開けられるようになったら、バスケットを取り出して、お野菜をお皿に盛り付け、マヨネーズやドレッシングでいただきましょう。お鍋に残ったスープに味付けをしてスープ皿に。
メインが一品あれば、この圧力鍋の2~3分から4~5分の間にサラダとスープが完成。忙しい人にぴったりの、時間も光熱費も節約のお料理が完成です。

蒸し野菜はちょっと多めに作っておいて、残ったものを密閉容器で冷蔵保存しておくと、翌日のお料理の付け合せや、お弁当にも役立ちます。圧力鍋での蒸しテク、ぜひぜひ大活用してみて!

次のページでは、この方法でメインディッシュの蒸し鍋と、付け合せのスープを作っちゃおう! というオススメ料理です。この季節にぴったりの献立が、5分もあれば完成しちゃいますよ。

→次のページへ