電子レンジに使えないラップ?!

トマト
忙しい人の家事は楽しくかしこくスピードアップ
クッキングを楽しくかしこくスピードアップするワザはどんどんとりいれたいですネ。電子レンジはまさに忙しい人の味方です。

「共働きの家事」ではこれまでに、Vol.1『調理が早くなる!電子レンジ活用術』Vol.2『電子レンジの加熱ムラをなくす』Vol.3『電子レンジの裏ワザ集』Vol.4『電子レンジの下ごしらえマジック』をお届けしています。

シリーズvol.5は「ラップ」。電子レンジクッキングのときに、使ったほうがよいとき悪いときや、使わないほうがよいラップのことをチェックしておきましょう。


ラップを使うとき、使わないとき

電子レンジでラップは大活躍。茹でたり、蒸したりするときにはラップを使うと効果的です。ただし、汁物や煮物など、しっかり味付けされたものは、かけたラップの端をすこし開けてスタートします。そうしないと、中の温度が上がりすぎてラップが破裂してしまうことも!

また、揚げ物や焼き物などはラップをせずに加熱したほうが、しあがりがサクサク、パリっとなります。また、シチューなどトロみのあるものも、ブクブクふきこぼれてしまいやすいので、ラップをかけず短めに加熱します。


ラップ入りお料理!?

電子レンジで温めたりクッキングをしたりすると、特に油や砂糖をふくむ場合は、食材の温度がとても高くなります。

このときピッチリとラップして電子レンジにかけると、ラップが破れたり、ひどいときには溶けてしまったりすることがあります。ラップ入りのお料理なんて食べたくありませんよネ。


レンジには耐熱温度140度以上のラップを!

ラップにも様々な素材があって、下の表のように素材によって耐熱温度がちがいます。

電子レンジに使うラップは耐熱温度140度以上のものが望ましいといわれているので、油を使ったものなどを加熱するときにはご注意を。

ラップの包装箱のウラにはかならず、素材や耐熱温度が表示されているので、買うときにはチェックしてみましょう!最近は、電子レンジ向きにつくられた製品もありますヨ。


ラップの素材耐熱温度
ポリ塩化ビ二リデン140度
ポリエチレン110度
ポリ塩化ビニル130度

★最近はこのほか、電子レンジ向きに耐熱温度の高いものも販売されています。耐熱温度の高い素材(ポリメチルペンテンなど)や、これまで使われていたものを組み合わせた3層、5層構造のものなどがあります。



ラップは使い分けがいいみたい

耐熱温度のことだけを考えれば、レンジ向きのを選ぶのが一番のようですが、素材によって「冷蔵庫で長持ちしやすい」「環境にやさしい」など特徴があるので、ラップにこだわってみるのも、おもしろいですね!



家事の時間をカットできるワザはどんどんとりいれたいけれど、安心なことがいちばん大事。かしこく効率アップしてまいりましょう!


* * * おすすめ記事 電子レンジ活用術 * * *
  • Vol.1『調理が早くなる!電子レンジ活用術』
  • Vol.2『電子レンジの加熱ムラをなくす』
  • Vol.3『電子レンジの裏ワザ集』
  • Vol.4『電子レンジの下ごしらえマジック』

    ★家事をラクに&素敵にするテクニックをお届けする『共働きの家事メールマガジン』もどうぞ↓

  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。