仕事も子供もあきらめない

常山あかねさん
女性起業家としても注目され、自治体などのセミナー、講演も多数
「仕事も子どももあきらめない」をモットーに、女性が生き生きと輝く日本を目指す、ソーシャルベンチャー株式会社壱頁の代表を務める常山あかねさん(以下、常山さん)。

消費生活アドバイザー、ファイナンシャルプランナー、システムエンジニア、コピーライター、デザイナーといった有資格者や技術を持つ専門家集団としてネットを中心としたメディアへ質の高いコンテンツを提供しています。

理想的な働き方を自分で創り出してきた

常山さんは、大学卒業後、損害保険会社に就職。そして出産を機に退職しました。その後、在職中に取得した消費生活アドバイザーとしての資格を活かし、企業のメルマガやWEBのコンテンツ制作・消費者モニターの仕事を組織的に在宅で請け負い、3人のお子さんの育児と両立させながら仕事を続けてきたそう。

子供の成長とともに働き方を柔軟に変え仕事も成長させてきた常山さんの働き方はまさに育児をしながら働きたい女性にとって理想的です。その姿に憧れる女性も多く、常山さんのセミナーには毎回多くの女性が参加しています。

また常山さんをはじめ壱頁のメンバーの皆さんもSOHOという在宅で仕事を請け負うスタイルで育児との両立をされている方が大半です。

子育ての経験も活かせる

携帯講座教材
社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会(NACS)の一員として、高校生向けの携帯電話講座やその教材制作にも携わる
さらに常山さんは、消費生活アドバイザーとして子供の情報教育、環境教育へと活躍の場を広げています。子供を育てていくにあたって今の社会に危機感を持ち、関心が高まったそう。今後もライフワークとして続けていきたいといいます。

消費生活アドバイザーという資格は生活に密着してさまざまな経験が活きる資格のようです。そこで、常山さんに消費生活アドバイザー資格の魅力、資格の活かし方、理想の働き方を実現するコツ、そしてこれからの目標や夢についてお伺いしました。

【INDEX】
消費生活アドバイザー資格を取得、社長賞を受賞>>
消費生活アドバイザーとしての使命>>
消費生活アドバイザーになるためには>>